真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

リチャード・コシミズ氏の大阪講演会

皆様長い間ブログの更新が出来ず申し訳ありませんでした。
実を言いますと一週間ほど出張して帰宅するとPCが死んでました(笑)
一週間ほど手を尽くしましたが、結局格安PCを購入。しかし到着まで10日以上かかり、やっとセットアップできました。でも旧PCのデーターが全て取り出せない状態なのでかなりの痛手です。

因みにこの記事は2/17午前二時に書いたのですが、FC2ブログ側のシステム障害で、最新記事が丸ごと消えてました・・・OTL

どうなってるんだよFC2ブログ!なんで保存してある記事まで消えるんだよ!

デジタル社会でペーパレス化が進行するのは紙の使用量が減っていいことなのだが、今回の一件で改めてバックアップの重要性とデジタル情報の脆さを身をもって体験しました。皆様もデジタルデータは必ずバックアップを取るようにして下さいね。そうしないと管理人のようにマイPCやマイブログから裏切られますんで(笑)

さて本題のリチャード・コシミズ氏の大阪講演会なんですが、今回の講演会では中央政界に対する具体的戦術を聞かせて頂き、ぜひ参加しなくてはと思いを新たにいたしました。

具体的には大阪市長選挙や他の事例を示され、既存の投票率が10%UPすれば公明党推薦議員を落選させることができるというものでした。そこで独立党が仕掛けていく具体的手法としては以下のようなものが提示されました。

・まず公明党候補を当選させない為に独立党が広報活動を行う
・有権者が取るべき行動は誰でもいいから公明党の対立候補に投票する
・注意点として、有効票が共産党候補に食われるケースが多いので共産党には投票しない
・自民党候補は郵政民営化に反対した議員に投票する
・民主党候補は小沢一郎を含めた前原一派には投票しない


仮にこの戦術が成功すると、選挙区によって違いはあるかもしれませんが、ユダヤ資本との結託が怪しまれる小沢一郎が党首を勤める民主党の勢力が必然的に増大することでしょう。これ点について管理人は講演会後の質疑応答にて、質問させて頂きました。

リチャード・コシミズ氏の回答は、その段階になれば当選議員は独立党の意見を無視できなくなるであろうし、自然に変革が訪れるであろうとのことでした。確かに上記の戦術が成功し、公明党候補を悉く落選させた暁には、当選議員は公明党の二の舞は御免とばかりに独立党の主張に対して協調路線を取る可能は大いに考えられます。

大阪講演の動画も順次独立党のHPにUPされる予定なので、関心のある方はこの運動にドンドン参加して日本を変えていきましょう。

独立党のHPはこちら(動画はトップページの動画ギャラリーから入れます)

公明党は政教分離に抵触する違法政党ですし、支持母体の創価学会はソン・テジャク(池田大作)率いるカルト宗教です。またリチャード・コシミズ氏が指摘するように、その関係は北朝鮮だけではなくCIAやユダヤ資本とも繋がっています。

巧妙に仕組まれた少数による多数の支配は何としても打ち崩さなくてはなりません。解散総選挙が遠のいた今こそ大衆を先導して、選挙による合法的審判を下さなくてはいけません。
巷では裁判員制度が話題になりますが、国民にとって本当に大事な裁判は国政選挙です。ですから皆さんも何が何でも選挙に行きましょう。休みが無いのなら期日前投票もあります。恐らく今のような状態は、正常な判断力を持った一派市民が選挙に行かなくなった為に公明党のような組織票を動員できるカルト宗教が幅を利かせるようなオカシナ社会になってしまったのです。

皆が選挙に行って投票率が70%以上を維持できれば日本は本当に変わると思います。
しかし本当の売国奴を蹴散らすためにはTVや新聞しか見ない人々にどうやって真実の情報を普及させていくかが鍵になるとおもいます。このブログをみた人は普段ネットの情報に触れないような人々に声をかけてみてください。

大河は始めから大河ではありません。小さな支流が集まって初めて大河になるのです。

今こそ本当に日本を愛する日本人達の手に日本の国政を取り戻しましょう!






スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

未分類 | コメント:4 |

ケミカルクッキング2で普段常食しているスイーツの真実を視聴しよう

以前にケミカルクッキングという添加物まみれの食品を楽しく学べる動画を紹介したわけだが、今回はそのスイーツ編ともいうべきパート2がUPされたようだ。
今回は甘食限定だが、ホンとこんなの見た日には某コーラ、缶詰等は食べるきがしません。

しかし我々は日常に氾濫するヘンテコ食材や食品を当たり前の食品だと思い込まされている。だがこの動画に出てくるのが真実であるということを重く受け止めよう・・・OTL

ケミカルクッキング2(スイーツ編)
▼     ▼     ▼


毒を落として安心ごはん―食品添加物 ダイオキシン 残留農薬… (AC mook)毒を落として安心ごはん―食品添加物 ダイオキシン 残留農薬… (AC mook)
(2003/01)
増尾 清

商品詳細を見る

自宅で5分 農薬・添加物は「ここで毒消し」!自宅で5分 農薬・添加物は「ここで毒消し」!
(1995/11)
増尾 清

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

食料 | コメント:0 |

中国の悪行はチベットだけじゃなかった・・・OTL

管理人もこの動画を見るまでは東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)問題については全然知りませんでした。まったく日本の近代史の教科書はどうなっとるんだ・・・
それにチベット問題はたまにマスコミで報道されることもあるけど、東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)については黙殺されてる。本当に自由や平和を愛する人達はこういう問題もあるということを忘れてはいけないよね。

他人の土地を核の実験場にしたり、民族を消滅させる強制中絶が言語道断なのは当たり前だが、それを野放しにする国際社会も同罪だ。国やマスコミが糾弾しないなら、我々が訴えていこうではないか!

東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)における中国共産党の弾圧1
▼     ▼     ▼


東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)における中国共産党の弾圧2
▼     ▼     ▼


東トルキスタンのWikiはこちら

誰も報じない中国の真実 (OAK MOOK 180 撃論ムック)誰も報じない中国の真実 (OAK MOOK 180 撃論ムック)
(2007/10/29)
西村幸祐

商品詳細を見る

もうひとつのシルクロード―中国大分裂の「地雷原」もうひとつのシルクロード―中国大分裂の「地雷原」
(1998/11)
落合 信彦

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

未分類 | コメント:0 |

第二次大戦の指導者たちはユダヤの血統

リチャード・コシズミ氏も講演会で述べているように、第二次大戦当時の主要な指導者たちはいずれもユダヤの血脈を引いている。まあ正確には純粋なユダヤ人ではなく、単なるハザール人ユダヤ教徒の末裔なんですが。

偽ユダヤ人についてはこちらを参照

しかし、講演会や動画では資料が文書化されていないのが難点だ。ちょっと調べようとしたり、コピペで引用しようにも頭がこんがらがってくる(笑)
そこで今回はその血脈を掲載している海外サイトのご紹介です。

「第二次大戦指導者たちの血脈を暴く」はこちら

これらの事実を勘案すると、何故ユダヤお得意の両頭戦略が第二次大戦において大いに成功を収めたかが容易に理解できるであろう。まあ実際には血の繋がりよりも金銭的バックアップの比重が大きかったかもしれないが・・・。

因みにユダヤ金融グループについては反ロスチャイルド同盟さんのサイトが一押しですんでそちらを参照してください。

反ロスチャイルド同盟HPはこちら

イルミナティ 悪魔の13血流―世界を収奪支配する巨大名家の素顔イルミナティ 悪魔の13血流―世界を収奪支配する巨大名家の素顔
(1998/07)
フリッツ スプリングマイヤー

商品詳細を見る

衝撃のユダヤ5000年の秘密―ユダヤはなぜ文明に寄生し破壊させたか?衝撃のユダヤ5000年の秘密―ユダヤはなぜ文明に寄生し破壊させたか?
(1995/01)
ユースタス マリンズ

商品詳細を見る

捕虜―誰も書かなかった第二次大戦ドイツ人虜囚の末路 (学研M文庫 カ 1-7)捕虜―誰も書かなかった第二次大戦ドイツ人虜囚の末路 (学研M文庫 カ 1-7)
(2007/09/11)
パウル・カレル、ギュンター・ベデカー 他

商品詳細を見る
旧連合国が行った犯罪を確認せよ!


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:なんて事だ?? - ジャンル:政治・経済

ユダヤ | コメント:0 |

真実を報道しない新聞に皆で抗議しよう!

引用:BenjaminFulford

January 15, 2008
大手マスコミへの呼びかけ
日本の国会の場で9. 11の真実が取り上げられたにも関わらず、大手新聞や民放のテレビ局がそれを一切報じなかった。よく考えてみて下さい:アメリカの政府が自国民や世界各国の市民(日本人を含む)3000人を殺害した。その後イラクの民間人120万人を虐殺した。それにアフガンで同じように罪のない一般市民を殺している。

この事実を隠ぺいしようとしている大手マスコミの倫理感、道徳概念を問う必要がある。そこで皆さんへ呼びかけをします:大手マスコミに抗議の電話やFAXをしてください。さらに広告を出しているスポンサー(豊田自動車などなど)にも電話やメールをして圧力をかけましょう。更に他のブログでなどにも呼びかけをし、日本の大手マスコミを悪質な支配から解放しましょう。

読売新聞(広報部) 03-3216-8502

朝日新聞(本社) 03-3545-0131

毎日新聞(本社) 03-3212-0321

日経新聞(本社) 03-3270-0251



まったくその通りである。911では日本人の死者も出ていることを忘れてはならないし、真珠湾攻撃同様、嘘で始めた戦争で無実のイラク人を虐殺したアメリカを放置してはいけない。

ということで、皆さんも一丸となって抗議運動に参加しましょう。こういう不埒な新聞の購読を止めるのも効果大です。真実を報道しない新聞を読んで洗脳されるぐらいなら、嘘の記事と分かって「東スポ」を笑いながら読んでるほうがよっぽどマシです。

因みに上記電話番号だけではいかんとも情報不足なので抗議運動に参加される有志の皆さんは下記を参照してもらいたい。

読売新聞
電話:読者センターご意見:03-3246-5858 大阪本社06-6881-7000
メール入力フォーム
メールアドレス:shakai@yomiuri.com

朝日新聞(本社)
電話:03-5540-7615(ご意見・苦情) 大阪本社 06-6201-8016
お問い合わせフォーム

毎日新聞(本社)
電話:03-3212-0321 大阪06-6345-1551
お問い合わせフォーム

日経新聞(本社)
電話:03-3270-0251
問い合わせフォーム

これでも朝日新聞を読みますか?これでも朝日新聞を読みますか?
(2007/12)
山際 澄夫

商品詳細を見る

日本人が勇気と自信を持つ本―朝日新聞の報道を正せば明るくなる日本人が勇気と自信を持つ本―朝日新聞の報道を正せば明るくなる
(2007/04)
高山 正之

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

未分類 | コメント:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。