真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

第二次大戦の指導者たちはユダヤの血統

リチャード・コシズミ氏も講演会で述べているように、第二次大戦当時の主要な指導者たちはいずれもユダヤの血脈を引いている。まあ正確には純粋なユダヤ人ではなく、単なるハザール人ユダヤ教徒の末裔なんですが。

偽ユダヤ人についてはこちらを参照

しかし、講演会や動画では資料が文書化されていないのが難点だ。ちょっと調べようとしたり、コピペで引用しようにも頭がこんがらがってくる(笑)
そこで今回はその血脈を掲載している海外サイトのご紹介です。

「第二次大戦指導者たちの血脈を暴く」はこちら

これらの事実を勘案すると、何故ユダヤお得意の両頭戦略が第二次大戦において大いに成功を収めたかが容易に理解できるであろう。まあ実際には血の繋がりよりも金銭的バックアップの比重が大きかったかもしれないが・・・。

因みにユダヤ金融グループについては反ロスチャイルド同盟さんのサイトが一押しですんでそちらを参照してください。

反ロスチャイルド同盟HPはこちら

イルミナティ 悪魔の13血流―世界を収奪支配する巨大名家の素顔イルミナティ 悪魔の13血流―世界を収奪支配する巨大名家の素顔
(1998/07)
フリッツ スプリングマイヤー

商品詳細を見る

衝撃のユダヤ5000年の秘密―ユダヤはなぜ文明に寄生し破壊させたか?衝撃のユダヤ5000年の秘密―ユダヤはなぜ文明に寄生し破壊させたか?
(1995/01)
ユースタス マリンズ

商品詳細を見る

捕虜―誰も書かなかった第二次大戦ドイツ人虜囚の末路 (学研M文庫 カ 1-7)捕虜―誰も書かなかった第二次大戦ドイツ人虜囚の末路 (学研M文庫 カ 1-7)
(2007/09/11)
パウル・カレル、ギュンター・ベデカー 他

商品詳細を見る
旧連合国が行った犯罪を確認せよ!


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:なんて事だ?? - ジャンル:政治・経済

ユダヤ | コメント:0 |

カナダのユダヤ団体「CJC」がホームレスを兵糧攻めにして間接虐殺?

以前アメリカに於けるユダヤの圧力団体ADLを紹介したが、カナダにある「CJC:Canadian Jewish Congress」があろうことか罪無きホームレス達を兵糧攻めにしようとしているらしい。
先ずは下記の記事を見ていただきたい。

アメリカのユダヤ圧力団体ADLを知らない人はこちらを参照

「Henry Makow .com」のホームレス新聞を脅迫するユダヤ団体はこちら

ようするにHenry Makow氏が書いたユダヤ批判の記事を「The Toronto Street News」というホームレスに委託販売しているストリート新聞が取り上げたところ、CJCの逆鱗に触れたというわけだ。そしてCJCはカナダのトロント警察に「The Toronto Street News」を発行しているVictor Fletcher氏がその新聞の印刷を止めさせるように圧力をかけたのだ。

ここで皆さんよく考えてほしい、これは明らかに言論の自由に対する暴力である。また安定した収入源の無いホームレスが得ていた幾ばくかの収入を閉ざし、餓死へ誘うという間接虐殺に他ならない。仮に記事が不当であるとCJCが主張するのであれば、それは裁判所に提訴すればよいだけのことであり、彼らにもその権利は与えられている。しかCJCは直接警察に圧力を掛けて発行部数僅か数千部のストリート新聞を廃刊に追い込もうとしているのである。

まったく空いた口が塞がらないとはこのことである。皆さんはこの偏執狂的なCJCの対応をどう感じますか?
そういえばよく考えたらカナダといえばベンジャミン・フルフォード氏の母国ではないですか。どなたかベンジャミン・フルフォードさんに知らせてみては如何でしょうか?貴方の母国で被害妄想のユダヤ人がまた違法な圧力でホームレスを虐殺しようとしているみたいですよ。

参考までに「CJC:Canadian Jewish Congress」のサイトはこちら

ビッグイシューと陽気なホームレスの復活戦―THE BIG ISSUE JAPANビッグイシューと陽気なホームレスの復活戦―THE BIG ISSUE JAPAN
(2004/12)
櫛田 佳代

商品詳細を見る
日本でもホームレス新聞はあります(^^♪

わたしには家がない―ハーバード大に行ったホームレス少女わたしには家がない―ハーバード大に行ったホームレス少女
(2004/08)
ローラリー サマー

商品詳細を見る
(T_T)

グローバル化と社会的排除―貧困と社会問題への新しいアプローチグローバル化と社会的排除―貧困と社会問題への新しいアプローチ
(2005/04)
アジット・S. バラ、フレデリック ラペール 他

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:なんて事だ?? - ジャンル:政治・経済

ユダヤ | コメント:0 |

自作自演の預言者ロックフェラーの手紙を皆で読み返してみよう

新年明けましてオメデトウございます<(_ _)>
今年も宜しくお願いいたします。By管理人

さて新年第一弾は国連総会へ宛てられたロックフェラーの手紙を検証してみよう。

引用:反ロスチャイルド同盟資料室

国連総会へのロックフェラーの手紙
re: 新世界秩序、即時的アジェンダ
From:ロックフェラー・グローバル・コミュニケーションズ
To: GAPresident@un.org
Cc: Rockefeller Global Communications
Sent: Friday, March 22, 2002 2:05 AM 二〇〇二年三月二十二日、金曜日、午前二時五分

終末の時が近づいている。好むと好まざるとに拘わらず、それは我々すべてが直面せざるを得ない運命である。二〇〇一年、九月十一日、世界は終末の目撃者であった。我々が見、経験したものは、まもなく明るみに出るはずの大災害には、比ぶべくもないだろう。非常に多くの生命が失われてきた、しかもなお、それ以上に多くの生命が失われるだろう、と言われている―この古い体制が崩壊し始めるに応じて、これらのことがらは起こり続けるだろう。今存在している、あるいは古代からある人間の政府は、決してひとつも完全な支配は維持出来なかった。いかなる政府も失敗してきたし、失敗するだろう。

政府はあなたを保護出来ない。政府は人々が真実に自由な場所、あなたの近隣の人があなたの家族であり、見知らぬ人たちがあなたの友だちであると言う場所、を与えることができない。いかなる人間の今日の政府も、これを達成することができないし、しないだろう。これが、アジェンダが設定された理由である。それは、ずっと昔から、アルマゲドンとして言及されてきた。しかし、怖れないようにしなさい。それは核によるホロコースト、あるいは我々の文化を平坦にするだろう天からの迷った小惑星ではないだろう。実際、それは災厄を起こし、一掃する惑星ではないだろう。

それは、仲間の人類に対して尊敬や、やさしい思いやりなどまったくない、この偉大な惑星の人間の住民であるだろう。次の年にかけてあなた方に各々は、幾つかのことを非常に深く真剣に考えなければならない。あなたは自分自身にこれらの質問をする必要がある:私は私の仲間に対する憎しみに打ち勝つだろうか、あるいは私は私の違いを忘れるだろうか、そして隣人たちと結び付き世話を焼けるだろうか?私は彼らを親切に遇することができるだろうか?それとも、私は彼らにつけ込み続けるだろうか?あなたがある人を通りから連れてきて、何か食べ物を与え、一夜の休むところを探してあげた最後の時は何時だったか?あるいはバスの中で、ショッピングセンターで、電車の中で、となりに座った誰かに、「こんにちは」と最後に行ったのは何時だったか?

愛する誰かを失った、見知らぬ人を最後に慰めたのは、何時だったか?その人の持っているものや、富のためではなく、ただ単純に誰かの世話をしようと、誰かと親しくした最後の時は、何時だったか?あなたの人間としての精神と心を、あなたの仲間に本当に見せた最後の時は、何時だったか?以上のことはどれも、容易ではない。それは難しい。我々の誰も完全ではない。我々の誰も、いい人生を過ごしてきていない。それがその過程に於いて、他人を傷つけることを意味するとしても、我々が得ることができることにふさわしい、ある程度のことを煩ってきたから、とある者は考えている。しかし、我々のネガティブなやりかたに反対しようとする、また反乱を起こす人たちは生き延びるだろう、そして今はただ夢でしかない、地球での人生の報酬を与えられるだろう。従順なる者のみが地球を所有するだろう。これは確かなことだ。

新しいシステムが来つつある。ただ一つの質問は:あなたがそこにいることを選ぶか?それとも、自己破壊への道を降りて行き続けるか?、と言うことだ。以下のアジェンダは避けることができない、そして、生き延びるため、それを得るために、ずっと我慢する必要があるだろう。それ故、よくよく考えなさい。

それは、あなたの未来である。そして、あなたたちすべては、それをうまくやれるだろう。

あなたの兄弟
A・I・ロックフェラーより、
CEO
ロックフェラー・ゴローバル・コミュニケーション
www.rockefeller.com.au

AGENDA FOR THE NEW WORLD
(新世界のためのアジェンダ
1) 中東平和の完璧な、手のほどこしようのない瓦解。
2a) バチカンとエルサレムは、宗教テロリストたちによって破壊されるであろう。
2b) すべての宗教の世界的規模での崩壊。すべての宗教は禁止されるだろう。宗教は、家庭の外では、実践されることは出来ない、説教されることは出来ない
3) 世界中の平和と安全の宣言に続いて、国際連合は、臨時単一世界政府を樹立するであろう。
4) 新しい単一世界国家の市民が出現する。英国(グレート・ブリテン)、中国、米国、の政府は、突然、組織的に瓦解する。その他の世界は、アナーキー状態へ。善き意志と真実に従う者のみが生き残る。
5) 新しい政府機構は、十四万四千人(一四四、〇〇〇)のエリート官僚と六百万人プラスアルファーの役人が支配するであろう。
6) 新世界が創出されるにつれて、大量掃討作戦が開始されるであろう。経済システムは復活されるであろう。インフラストラクチャーは再建される。疾病と病気は消滅するであろう。年をとることは逆転するであろうし、年をとること自体がとまるであろう。一つの新しい復元された人間の家族が徐々に地球をパラダイスの状態にするであろう。


ロックフェラー・グローバル・コミュニケーションズ、オーストラリア
(週刊日本新聞編集部 翻訳)

さてここで出てくるアジェンダとはそもそも「予定表」や「行動計画」であるが、ロックフェラー氏の述べるものは人々を幸福へと誘う予定ではなく、終末思想に染まったエセ預言者の言葉としかいいようがない。ここで陰謀論など用いずに常識的な論理で反論してみたいと思う。

1)何故それが決まっているのだろうか?どうしてそれを回避できるプランを提示しないのか?つまりロックフェラー氏はそうなってくれなくては都合が悪いらしい(笑)
2a) 一体誰がそんなことを決めたんでしょうね?
2b) 同じく一体誰がそんなことを決めたんでしょうね?何故そんな必要があるんでしょうね(笑)
3)中東平和の完璧な瓦解とバチカンとエルサレムが破壊されるような状況でそんなことが可能なんでしょうか?
4)中国、米国、の政府は、突然、組織的に瓦解?なにを根拠にした話でしょうか?その他の世界は、アナーキー状態へ?何故そうなるのでしょうか?
5)支配するであろうじゃなくて、支配させたいの間違いじゃないですか?ロックフェラーさん(笑)
6)一体誰が誰をどういう理由で大量掃討するんですかね?エリート官僚と役人が支配する世界政府が何故パラダイスなんでしょうかね?それは貴方ご自身とエリート官僚と役人だけのパラダイスじゃあないんですか(笑)

皆さんもうお気付きですね。このアジェンダ(予定表)はロックフェラー自身のアジェンダ(予定表)であって、それ以外のなにものでもありません。ですがここが重要なのですが、国際金融グループに一翼を担う彼にとっては911事件と同じように上記アジェンダ(予定表)をあたかも偶然を装いながら、自作自演することが可能だということです。つまり犯罪者の犯行予告ということです。

皆さんはそんな恐ろしい未来をお望みですか?

最後に手紙の冒頭で述べられた言葉をロックフェラー氏に送り返しておこう。
今存在している、あるいは古代からある人間の政府は、決してひとつも完全な支配は維持出来なかった。いかなる政府も失敗してきたし、失敗するだろう
そう、たぶん貴方が作りたがってる世界政府もね・・・

世界権力構造の秘密[新版]上巻 富と権力の強奪史世界権力構造の秘密[新版]上巻 富と権力の強奪史
(2007/10/20)
ユースタス・マリンズ

商品詳細を見る

世界権力構造の秘密[新版]下巻 影の支配者の実名世界権力構造の秘密[新版]下巻 影の支配者の実名
(2007/10/20)
ユースタス・マリンズ

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済

ユダヤ | コメント:0 |

リチャード・コシミズ氏の最新講演会が無料で視聴できるようだ

リチャード・コシミズ氏の最新講演会はなかなか面白いよ(^^♪
特に在日の方の内部告発証言や、右翼ヤクザ在日北朝鮮という構図を詳しく解説してくれている。またユダヤ金融資本・北朝鮮とつるんだ既存与野党との本格闘争に向け独立党マニフェストを公開、日本人による日本人の政党創りにエンジンフル回転!

この動画を見て、あと二年後に計画されているという国際金融グループ(ロスチャイルド財閥・ロックフェラー財閥)の暴走を皆で阻止しないとね(^_^;)
動画は約3時間弱あるが、丁度土日なので休みの間に見てしまおう。

リチャード・コシミズ氏の最新講演会(2007/12/8)はこちら
▼     ▼     ▼


とりあえずPCにダウンロードしたい人はこちらに飛ぼう
▼     ▼     ▼
http://video.google.com/videoplay?docid=6122301316446344460&hl=en

超初心者で主要動画サイトのダウンロードが解らない人は取り合えず「Carving Explorer」を使ってみよう。公式サイトが日本語なので駄目管理人でもスンナリ理解できたぞ(笑)
▼     ▼     ▼
http://www.butsu-yoku.com/

因みに最近各種ブックマーク用のボタンをサイドバーに貼り付けたんで気軽に利用して下さいね(^_^)/

ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

ユダヤ | コメント:0 |

ダイヤモンドは偽りの輝き

ダイヤ

ダイヤモンドは永遠の輝き(A Diamond is Forever)」とは、ユダヤ人達が組織する巨大国際カルテル、デビアス(De Beers Group)の有名なキャッチコピーである。

皆さんは結婚するときにダイヤを買いましたか?
もし買っておられないなら正解です。
何故ならダイヤに資産価値は無いからです。ではその理由をお聞かせいたしましょう。

そもそも市場経済では物の値段は需要と供給によって決定されます。つまり需要<供給なら安値、需要>供給なら高値です。しかしダイヤモンドにこの方程式は当てはまりません。どうしてでしょうか?それはデビアス社が産出されるダイヤ原石をほとんど掌握しているからです。

現在世界中にあるダイヤ鉱山で産出されるダイヤが正常に市場に出回れば、ダイヤの価格は暴落すると言われています。ようするにダイヤは埋蔵量、産出量共に豊富であり、希少性はもはや過去の神話に過ぎません。ではどうしてダイヤの価格は安くならないのでしょうか?

それにはカラクリがあります。カラクリは単純です。ダイヤの原石を掌握しているデビアス社が大量の在庫を放出せずに、販売数量や卸売価格を勝手に操作しているからです。
これって違法ですよね(笑)皆さんも学校の授業で独占禁止法というものを習ったのではないでしょうか?
そうです、貴方が考えているようにデビアス社は国際的な犯罪詐欺集団なのです・・・OTL

ただし彼らは捕まりません。それは国際的に彼らを裁く法律が無いからです。
詐欺集団が大手を振って歩いている、恐ろしいことですがこれが世界の現実なのです。

ただダイヤが初めから無価値だったかというとそうではありません。人造ダイヤ(キュービックジルコニアが安価で製造されるまでダイヤには宝飾品的価値と工業品的価値を兼ね備えた確固たる資産価値がありました。でもそれは過去の話にすぎません。

もし嘘だとお思いならお手持ちのダイヤを質屋や下取り業者に持ち込んでみてください。幾ら鑑定書があっても二束三文でしか買い取ってくれないはずです。
それが現実なのです・・・

どうやら偽ユダヤ人(ハザール人ユダヤ教徒)の資本家達は銀行で詐欺的信用創造を働くだけでは飽き足らず、こういう詐欺会社を使って僕らのお金を騙し取る魂胆らしい。このブログを読んでいる良識ある方々は是非友人知人にこの事実を伝えよう。そしてもし貴方の生涯の伴侶からダイヤをおねだりされたら、このブログを読ませることを暗にオススメしておきます(笑)

無形の愛の代償に有形の石コロが果たして必要なのだろうか?
無形の愛に対しては無形の愛、それで十分ではないだいだろうか?


最後に、偽りの価値を付与されたダイヤモンドがアフリカ諸国で紛争の火種となり、また紛争の為の資金源と化していることをご存知だろうか?僕たちが偽りの石コロにNOというだけで止められる紛争もあるということも忘れないでほしい。

デビアスのWikiはこちら

カルテルのWikiはこちら

キュービックジルコニアのWikiはこちら

偽ユダヤ人(ハザール人ユダヤ教徒)についてはこちら

ブラッド・ダイヤモンド (期間限定版)ブラッド・ダイヤモンド (期間限定版)
(2007/09/07)
レオナルド・ディカプリオ. ジャイモン・フンスー. ジェニファー・コネリー. カギソ・クイパーズ. アーノル

商品詳細を見る


ダイヤモンドより平和がほしい―子ども兵士・ムリアの告白ダイヤモンドより平和がほしい―子ども兵士・ムリアの告白
(2005/07)
後藤 健二

商品詳細を見る
映画ブラッド・ダイヤモンドの舞台でもあるシエラレオネに実在する少年兵士のノンフィクション。


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

ユダヤ | コメント:2 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。