真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

CO2吸収に効果低い植林を伐採して薪ストーブへ

さて地球温暖化が大変だ!とはもはや合言葉のようになってしまったが、今回は管理人なりに温暖化対策を考えてみた。

まず日本には材木利用を見込んで植林されたものの、海外からの安い建築木材に駆逐され、切り出されずに放置されている植林が沢山ある。そこでその木々を薪ストーブ用の燃料に利用しようではないかと(^_^;)
燃やしたらCO2が出るから駄目なんじゃないの?と言われそうだが、CO2を吸収した植物を通常燃焼させても、排出されるCO2は基本的に同じなんで地球温暖化は引き起こさないという計算になってるんですよ。しかもこの植林された木々、イメージ的にはCO2を沢山吸い込んでくれそうな感じなのだが、樹木がCO2を最も吸収するのは発芽してから10年以内らしい。つまりそれ以降はあんまりCO2対策にはなってないってことだ。

だったら原油も高騰していることだし、冬が長く燃料を沢山使う東北や北海道を中心に懐かしの薪ストーブを復活させてはどうかというアイデアだ。なんでこんなことを思いついたかというと、今日のNEWSで以下のような記事が出てからなんだ。

引用:中国新聞

農林、建設機械製造の新ダイワ工業(広島市安佐南区)は、電動まき割り機「SFM520」を発売した。原油価格の高騰などで、まきストーブの需要が高まるとみて、初めてまき割り機の生産に乗り出した。長さ98センチ、幅27.5センチ、高さ46.5センチ。台の上にまきを載せて、レバーを下に引くとモーターが駆動。後方の鉄板が動き、前方の固定刃に押しつけて割る。重さ39キロと軽量で、価格は7万9800円。



これなら誰でも薪割ができるでしょ?
でも全ての住民に薪ストーブ購入の負担を強いるのはちょっと酷だ。何故なら市販の薪ストーブは趣味性が強く、安いものでも4~5万はするからだ。おまけに薪代も掛かるし、その薪を自体を乾燥させて置いておく場所が必要だ。そこで管理人的には学習教育も兼ねて、公立の小中学校の暖房は薪ストーブにしてはどうかと思っている。

これなら薪ストーブを揃えるだけでいい。薪割りは学習教育の一環として教師や生徒全員で割ればいいのだ(笑)そうすれば電動薪割り機も必要ない。自然との対話が少ない都市部の子供には受けると思うのだが如何だろうか?管理人が子供だったら多分喜んでやってたとおもう。

しかし難点が一つある。この温暖化対策とコスト面を比較した場合果たしてコスト的に釣り合うのかということだ(^_^;)
恐らく短期的視点でみれば木々を伐採する費用、田舎から都市へ運ぶ燃料代、新規の薪ストーブ購入費等がかさんで非常に高コストになるだろう。でも中長期的視点で考えれば、伐採後の新規植林はCO2を吸収してくれるし、利用者が沢山いれば輸送量も抑えられる。

うーん何とも難しい問題ですなー(^_^;)

まあ、無理矢理結論も出せないんだけど、もし田舎に住んでて新しく暖房器具を購入予定の方は薪ストーブも是非考慮に入れてほしい。多分優しい遠赤外線の暖かさが心まで染入るはずだから・・・(^_^)/

鋳物薪ストーブMS-403鋳物薪ストーブMS-403
()
不明

商品詳細を見る

薪ストーブ完全カタログ (THE HOME BOOKS)薪ストーブ完全カタログ (THE HOME BOOKS)
(2007/08)
不明

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:本日のニュースより - ジャンル:政治・経済

地球温暖化 | コメント:0 |

次世代の風力発電機はこれで決まり?

皆さんもご存知のように、風力発電といえばデカイ風車を立てて発電する。
しかしもっと効率的な発電装置が開発されたようだ。

引用:WIRED VISION

風の力は偉大だが、タービンは実は効率的とはいえない(ベアリングが多くのエネルギーを吸い取ってしまう)し、大型タービンに鳥が飛び込む事故も多い。

そこで、カリフォルニア州に住む28歳の発明家Shawn Frayne氏は、タービンを使わずに風力発電を行なう『Windbelt』を考え出した。既存のマイクロタービンと比べて、10倍から30倍効率的だという。

Windbeltは、「ねじり振動」で有名なタコマ・ナローズ橋からヒントを得て作られた[1940年、米国ワシントン州で開通して数カ月の同橋は、秒速18メートル前後の風を受けて発生した振動が橋の共振を引き起こし、数十分で崩壊した。](以下のビデオは、波うつように大きく横揺れし、最後は崩壊する同橋をとらえている。)

Windbeltは、フレームの内側にプラスチック製の紐を張り、その紐の両端に磁石を取り付けた構造になっている。風が吹くと、(草笛がなるのと同じ原理で)紐が震え、磁石がワイヤーコイルの中で動いて電気が発生する。

写真の卓上モデルの場合、風速4.5メートルほどの風で40ミリワットの電力を生み出し、LEDを1個灯すことができる。

Frayne氏が運営するHumdinger社のサイトには、開発途上国で高さ3メートルほどの装置を建設したプロジェクトを紹介するページもある。また、同サイトによれば、さらに大型にする可能性も検討されているという。

安上がりで単純な作りなので、途上国にとっては理想的な装置だ。Frayne氏は、ハイチで働いた経験があり、危険な灯油ランプに代わる安価な電力の必要性を目の当たりにしていた。構造が単純なため、故障した場合自力で直せるところも途上国向きだと評価されている。

途上国にWindbeltを配布する資金を得るために、Frayne氏は現在、ビルに取り付けられた電池式気温センサーの電源をWindbeltで置き換えるビジネスなどを検討中だ。

Windbeltは、『Popular Mechanics』の『2007 Breakthrough Award』を受賞した。同サイトの記事には、扇風機を使ったデモビデオが掲載されている。また、同記事の読者コメント欄では、自動車に取り付けるのはどうか、など様々な利用法が議論されている。



是非環境問題で活躍されてる方がおられれば、こういう先進的な装置の導入も検討してくださいね。特に田中優さん如何でしょうか(^_^)/~

ポスト京都時代のエネルギーシステム 分散型電源と再生可能エネルギーポスト京都時代のエネルギーシステム 分散型電源と再生可能エネルギー
(2007/12/26)
井熊 均

商品詳細を見る

地球環境が目でみてわかる科学実験―地球温暖化、大気汚染、紫外線、風力発電、省エネまで。地球環境が目でみてわかる科学実験―地球温暖化、大気汚染、紫外線、風力発電、省エネまで。
(2004/07)
川村 康文

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

地球温暖化 | コメント:0 |

アメリカのTV番組でエコロジーライフを楽しく学ぼう(^^♪

「モーガン・スパーロックの30日間」というアメリカの番組をご存知だろうか?
まあいわゆる体験番組で毎回誰かがある環境に放り込まれて30日間生活するというものだ・・・
そして今回は浪費大国のアメリカを代表する二人の男女がヒッピームーブメント溢れる共同体で体験生活をおくるというもの。とりあえず見てもらわないと話しにならないので早速見てみよう。

モーガン・スパーロックの30日間はこちら
▼     ▼     ▼


まあ、かなり笑わせてもらいました。肩肘張らずに気楽に環境を考えるキッカケになればと思い紹介させていただきました(^_^;)

因みに動画に出てくる「おが屑トイレ」ですが実は日本には更に改良を加えたオートメーションタイプがあるのをご存知でしたか?動画では人糞リサイクルをイヤイヤ人力でやっておりましたが、世界に誇る日本人技術者が開発したバイオトイレ(コンポストトイレ)なら誰でも間単に導入できますよ(^^♪もっと知りたい、買いたいという人は「環境シーエスワン」さんのサイトを覗いてみようね。

(株)環境シーエスワンはこちら

それと同じく動画に出てくる「バイオディーゼル燃料」ですが、これって自分でも作れるって知ってましたか?詳しい作り方を紹介しているサイトがありましたので、商売で植物油を大量に捨てておられる方、地域共同体を組織されておられるなら、一度検討してみては如何でしょうか?

ジャーニー・トゥ・フォーエバーの「自分で作ってみよう! バイオディーゼル燃料」はこちら

最後に滋賀県ではバイオディーゼル燃料をスタンド売りしているところがあるそうです。
滋賀の人は一度利用されては如何かな?

油藤商事株式会社さんのサイトはこちら

ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

地球温暖化 | コメント:0 |

殺人ウイルスで人口削減を提唱するトンデモ科学者・・・OTL

地球の人口は多すぎる!だから殺人ウイルスで人口を抑制することは良いことだ。
こんな主張をする科学者が本当にいるらしい(>_<)
どうやらトンデモないことを考えるのは中国の専売特許ではないようだ。

科学者の名前はE・R・ピアンカ博士(Dr. Eric R. Pianka)。
彼はバイオハザードレベル4のエボラウイルスを空中散布すべきだといっているのだ
映画「12モンキーズ」も真っ青の内容だ。
因みに下記サイトを読めば人口削減計画はキッシンジャー、コリンパウエル国務長官、デービッドロックフェラー、アルゴア等により様々なレポートや報告書において容認や支持が行われてきたのがよくわかる。

どうやら世の中のエリート達は自分たちが生き残れれば人類が何億人死んでも良心が痛まないらしい。

狂気の科学者E・R・ピアンカ博士を取り上げているサイトはこちら
▲     ▲     ▲
文章中盤ぐらいから博士の記事です

E・R・ピアンカ博士がテキサス大学で行った恐怖のスピーチ内容はこちら
▲     ▲     ▲
翻訳に時間が掛かるのでしばし待たれよ

問題に対しての解決努力を行わず、安易な虐殺を肯定するような思想は正に狂気の沙汰だ。
でも皆安心してくれ、僕らが自分たちのわがままな欲望を少しチェンジさせるだけで、地球や人類を血まみれの虐殺から救ってくれる方法は存在するんだ。

地球の人口が100億人になっても共存できる方法はこちら
▼     ▼     ▼
http://www.macveg.com/vegetarian/translations/factsheets/vegetarianism.html

お勧めサイト「菜食のススメ」
▼     ▼     ▼
http://saisyoku.com/

ウイルス感染爆発ウイルス感染爆発
(1997/05)
NHK「エボラ感染爆発」取材班

商品詳細を見る

謎の感染症が人類を襲う謎の感染症が人類を襲う
(2001/08)
藤田 紘一郎

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

地球温暖化 | コメント:2 |

ダムはやっぱりムダだったのね・・・OTL

前回はマルチに活躍されている田中優氏にエネルギー解決法を学んだけど、まだまだ変革しないといけない問題は色々あるみたいだ・・・。
そんな一つがダム問題

もともと僕らは子供の頃からダムっていうのは夏の水不足を補ったり、大雨のときには治水効果があって、オマケに水力発電で電気も作れて、雨が沢山降る日本には最適なんだ、という良いことばっかり聞かされてきたけど、どうも実際はそうじゃないらしいんだよね(^_^;)

いま日本中で砂浜が消滅していってるのも元をただせばダムで土砂がせき止められて、海岸まで砂が流れていかないのが原因なんだ。他にもダムの罪悪は沢山あるけど、詳しくは以下の田中優氏の動画を見て欲しい。

ダムはやっぱりムダ(笑)
10分のダイジェスト版

▼     ▼     ▼


ダム撤去ダム撤去
(2004/02/15)
科学・経済・環境のためのハインツセンター、青山 己織 他

商品詳細を見る
アメリカでは既にダム撤去が始まっています。良いことはドンドン見習いましょう(^^♪

だめダムが水害をつくる!? (講談社+α新書)だめダムが水害をつくる!? (講談社+α新書)
(2005/10/21)
天野 礼子

商品詳細を見る
ダムで治水はムダだった・・・OTL

川辺川ダムはいらん!―住民が考えた球磨川流域の総合治水対策川辺川ダムはいらん!―住民が考えた球磨川流域の総合治水対策
(2005/08)
川辺川ダム問題ブックレット編集委員会

商品詳細を見る
自然環境は住民のものです(^_^)/

川辺川ダムはいらん!〈PART2〉ダムがもたらす環境破壊川辺川ダムはいらん!〈PART2〉ダムがもたらす環境破壊
(2006/11)
川辺川ダム問題ブックレット編集委員会

商品詳細を見る


ムダなダムに変わる代替案は田中優氏の水田案や
緑のダム案がある。緑のダムはこちらでチェック!

▼     ▼     ▼
http://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/a74682b03f59cca8f35e28723b72db6e

ダムの基礎知識はWikiで
▼     ▼     ▼
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%A0

ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

地球温暖化 | コメント:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。