真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

サーファーは立ち上がれ!六ヶ所村核燃料再処理工場は激ヤバ

前回に引き続き田中優氏に学ぶシリーズ第三弾です(^_^;)
今回は六ヶ所村核燃料再処理工場。詳細は動画を見ていただければ子供でもわかります。

再処理工場が稼動すると、そこから太平洋に垂れ流される汚染物質(プルトニウム)が実は全然拡散されず、日本列島にへばりつくようにして南下する事実。汚染物質(プルトニウム)は水に溶けにくいので、海岸線に生息する昆布や牡蠣に蓄積されたり、劣化ウラン弾のごとくサーファー達の肺を侵食する事実。オマケニ再処理工場自体が11年も前から耐震偽装を認識しながら隠蔽していた事実等

まさに恐怖の乱れ打ち・・・OTL
昆布や牡蠣なんて皆が食べるものなのに、この事実を知りながら再処理工場を稼動させようとする国は一体何を考えているのでしょうか(T_T)
今さえ良ければ未来や子孫達のことなんてしったこっちゃない、そんな無責任なことが許されていいんだろうか。これはゴミのポイ捨てとはレベルが違うよ・・・。

真実はこちらの動画で
10分のダイジェスト版

▼     ▼     ▼


動画で紹介されていた
六ヶ所村ラプソディー」の予告編

▼     ▼     ▼


映画「六ヶ所村ラプソディー」のオフィシャルサイト
▼     ▼     ▼
http://www.rokkasho-rhapsody.com/

偉いぞサーファー
サーファーの立場から海浜環境を提案する
サーフライダー・ファウンデーション・ジャパンHP

▼     ▼     ▼
http://www.surfrider.jp/

人体に蓄積される放射性物質のわかり易い図解を掲載しているブログはこちら
▼     ▼     ▼
http://www.kazenohito.jp/dennoblog/archives/2006/09/post_23.html

プルトニウムのWikiはこちら
▼     ▼     ▼
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0

田中優氏が言ってるように多くの人々に伝えることが大切だ
もし君たちの心に少しでも熱い心が残っているなら
6ラプカード大作戦」に参加しよう
▼     ▼     ▼
http://postcard6.seesaa.net/

一般人に伝えることも大切だけど、代議士は僕らの奉仕者だ(笑)
ドンドン抗議のメールを出そう!
代議士への抗議の仕方はこちらを参照
▼     ▼     ▼
http://sinnjitu369.blog101.fc2.com/blog-entry-2.html

下北「核」半島危険な賭け―再処理・核燃サイクルの行く末下北「核」半島危険な賭け―再処理・核燃サイクルの行く末
(2003/05)
山田 清彦

商品詳細を見る
核燃サイクルは破綻してる・・・OTL

放射能がクラゲとやってくる―放射能を海に捨てるってほんと?放射能がクラゲとやってくる―放射能を海に捨てるってほんと?
(2006/05)
水口 憲哉

商品詳細を見る
放射能廃液による海洋汚染の実態はこちらで。

核の軛―英国はなぜ核燃料再処理から逃れられなかったのか核の軛―英国はなぜ核燃料再処理から逃れられなかったのか
(2006/02)
ウィリアム ウォーカー

商品詳細を見る
プルトニウム再処理事業は英国でも破綻している(T_T)


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

未分類 | コメント:0 |

ダムはやっぱりムダだったのね・・・OTL

前回はマルチに活躍されている田中優氏にエネルギー解決法を学んだけど、まだまだ変革しないといけない問題は色々あるみたいだ・・・。
そんな一つがダム問題

もともと僕らは子供の頃からダムっていうのは夏の水不足を補ったり、大雨のときには治水効果があって、オマケに水力発電で電気も作れて、雨が沢山降る日本には最適なんだ、という良いことばっかり聞かされてきたけど、どうも実際はそうじゃないらしいんだよね(^_^;)

いま日本中で砂浜が消滅していってるのも元をただせばダムで土砂がせき止められて、海岸まで砂が流れていかないのが原因なんだ。他にもダムの罪悪は沢山あるけど、詳しくは以下の田中優氏の動画を見て欲しい。

ダムはやっぱりムダ(笑)
10分のダイジェスト版

▼     ▼     ▼


ダム撤去ダム撤去
(2004/02/15)
科学・経済・環境のためのハインツセンター、青山 己織 他

商品詳細を見る
アメリカでは既にダム撤去が始まっています。良いことはドンドン見習いましょう(^^♪

だめダムが水害をつくる!? (講談社+α新書)だめダムが水害をつくる!? (講談社+α新書)
(2005/10/21)
天野 礼子

商品詳細を見る
ダムで治水はムダだった・・・OTL

川辺川ダムはいらん!―住民が考えた球磨川流域の総合治水対策川辺川ダムはいらん!―住民が考えた球磨川流域の総合治水対策
(2005/08)
川辺川ダム問題ブックレット編集委員会

商品詳細を見る
自然環境は住民のものです(^_^)/

川辺川ダムはいらん!〈PART2〉ダムがもたらす環境破壊川辺川ダムはいらん!〈PART2〉ダムがもたらす環境破壊
(2006/11)
川辺川ダム問題ブックレット編集委員会

商品詳細を見る


ムダなダムに変わる代替案は田中優氏の水田案や
緑のダム案がある。緑のダムはこちらでチェック!

▼     ▼     ▼
http://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/a74682b03f59cca8f35e28723b72db6e

ダムの基礎知識はWikiで
▼     ▼     ▼
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%A0

ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

地球温暖化 | コメント:0 |

エネルギー問題はこうやって解決していこう(^^♪

以前このブログで大手銀行や郵貯に資産を預けていると、知らず知らずにアメリカのインチキ戦争を助けているということを書いた。そしてその回避手段として全国の労働金庫や信用金庫に資産を移動させよう!ということを提言しました。

なぜ大手銀行や郵貯に資産を預けるとアメリカの戦争加担になるかはこちら
▼     ▼     ▼
http://sinnjitu369.blog101.fc2.com/blog-entry-5.html

ところが本当のところ非営利の銀行というのは他にもあるんですよね(^_^;)
じゃあなんでブログで書かなかったかというと、労働金庫や信用金庫以外の非営利の銀行というのは、預金を任意の日時に手軽に引き出せないようなシステムになっているからなんです。これは感覚的に言うと定期貯金やファンドへの投資に近い感覚になってしまい、通常の銀行サービスを期待する一般人には少々敷居が高いなという思いから紹介しなかったんです。

で、本日はそんな非営利の銀行の一つ「未来バンク事業組合」と、その理事長をされている田中優氏を大々的にご紹介!・・・ということではありません(^_^;)

未来バンク事業組合について興味をお持ちの方はこちら
▼     ▼     ▼
http://homepage3.nifty.com/miraibank/

実はこの田中優氏、以前にもこのブログのユーカリ植林による矛盾で密かに紹介しているんですが(笑)今回はこのブログのタイトルにもある通り、エネルギー問題の解決法です。
ようするに自然エネルギーと高効率のキャパシタを組み合わせればOK!ということです。

10分で理解できるダイジェスト版
▼     ▼     ▼


動画に出てくるキャパシタ(コンデンサー)
産業界では電気二重層キャパシタといわれるもので、詳細はこちら
▼     ▼     ▼
http://ecass-forum.org/jpn/admission/adlc.html

電気二重層キャパシタと蓄電システム電気二重層キャパシタと蓄電システム
(2005/09)
岡村 廸夫

商品詳細を見る
専門書ですが原理的には単純なんで理系以外の人でもチャレンジされてはいかががだろうか(^_^;)


マルチにご活躍されている田中優氏のブログ「田中優の'持続する志' 」はこちら(^^♪
▼     ▼     ▼
http://tanakayu.blogspot.com/index.html

ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

地球温暖化 | コメント:0 |

オウムの悪夢再来か?外国人参政権が認められると、その先には・・・

恥ずかしながら一週間ぶりに出張から帰って参りました(^^ゞ
もう体がボロボロです・・・OTL
吐き気と便秘でお肌もボロボロです(笑)

さて、以前ブログで創価学会の政治部ともいうべき公明党のP献金疑惑について取り上げたが、その公明党が強く推進している恐怖の法案を皆さんはご存知かな?

公明党のP献金疑惑を知らない人はこちら
▼     ▼     ▼
http://sinnjitu369.blog101.fc2.com/blog-entry-15.html

タイトルにも書いた通り「外国人参政権」がそれなんだが、もしこのような法案が成立してしまうと、特に人口の少ない地方において、外国人による地方行政の乗っ取りが可能になる
最近の事例で言うとオウム(現アーレフ)が信者の住民票を上九一色村に大量に移動させたようなやり方で、既存住民を上回る投票権を獲得して市町村レベルの議員や首長を自らの代理人で占有するというやり方なんだ。

はっきり言ってオウムのような事例が過去にあるにも関わらず、このような法案をしつこく出し続ける公明党の意図が理解出来ない。その真意はどこにあるのだろうか?

在日本に居住する外国人の最多は在日韓国人や在日朝鮮人だ。だから普通に考えれば在日韓国人や在日朝鮮人が創価学会と結託して、「外国人参政権」のような法案を公明党から出させていると考えるのが管理人の論理的帰結だ

これは日本人による日本国という国の概念自体が崩壊してしまう危険性を孕んでいる。また在日韓国人や在日朝鮮人については在日特権というのがいまだに横行しているらしい。
何故「外国人参政権」が危険なのか、何故既存の賛成意見に論理的根拠が無いのか、在日特権とは・・・こういった疑問を持たれた方は是非以下のサイトをみて頂きたい。

外国人参政権に反対する会・公式サイト
▼     ▼     ▼
http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/

もっと要点だけ簡潔に知りたい人は同サイト内のQ&Aを
▼     ▼     ▼
http://www.geocities.jp/sanseiken_hantai/hantai_sulu_liyuu.htm#3

動画で趣旨を見たい人はこちら(コメント非表示推奨)
▼     ▼     ▼


ニコニコ動画が見れない人はこちら
▼     ▼     ▼


ナレーション付き動画で勉強したい人はこちら
▼     ▼     ▼


「国家」を見失った日本人―外国人参政権問題の本質 (小学館文庫)「国家」を見失った日本人―外国人参政権問題の本質 (小学館文庫)
(2000/12)
田久保 忠衛、桜田 淳 他

商品詳細を見る
外国人参政権問題がワンコインで理解できます(^^♪

Q&A外国人参政権問題の基礎知識 (明石ブックレット)Q&A外国人参政権問題の基礎知識 (明石ブックレット)
(2001/05)
近藤 敦

商品詳細を見る


まだまだいるぞ、外国人参政権に反対する熱い漢!戸弘幸(せと ひろゆき)氏ブログ
▼     ▼     ▼
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51714114.html

民主党、お前もか!公明党のみならず、民主党も外国人参政権には賛成している由々しき現状を訴えているブログ
▼     ▼     ▼
http://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/387064/#tback

ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

創価学会 | コメント:1 |

悪魔の指サインってなに?

皆さんは悪魔指サインコルナというのをご存知だろうか(^_^;)
これは手話の「アイラブユー」の親指を折りたたんで、中指と薬指に添えた形なんだが・・・。

手話の「アイラブユー
▼     ▼     ▼
sl-ily.gif


悪魔指サインコルナ
▼     ▼     ▼
9dddbf3990ba916d278016d918c1d82b.jpg


で、この悪魔指サインコルナ)をブッシュ大統領等が頻繁に行っており、なんと愛・地球博の閉会式では日本の皇太子や小泉元首相等がこれを行っているというお話しだ。
これは以下のブログに掲載されている。

国際情勢の分析と予測:http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/5231039b8ff5988acf0f0902bbe17221

上記ブログ内の動画が再生出来ないという方はこちら
▼     ▼     ▼


管理人の感想としては、愛・地球博の閉会式の動画は明らかに濡れ衣というレベルだ(^_^;)
これは皆さんも動画を見れば一目瞭然。
ただし、ブッシュ大統領や他の方々の写真はどうみても手話の「アイラブユー」には見えないということも確かだ。

でWikiを調べると、どうやらこの指サイン自体は昔からあったようなのだが、特に悪魔崇拝と関連させ始めた張本人はアントン・サンダー・ラヴェイ氏らしい。

コルナのWiki:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%83%8A

このアントン・サンダー・ラヴェイ氏を詳しく述べたHPがこちら
▼     ▼     ▼
http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/akuma/lavey.htm

要約すると彼の思想は悪魔崇拝を利用した「合理主義」と「自己保存主義」であり、彼自身が心霊現象に懐疑的であったというのは何とも笑えない笑い話である(笑)

さて、フリーメーソンを始めとする秘密結社では、このような感じの秘密の指サインが多用されるが、愛・地球博の閉会式のようなガセネタを本気にしてはいけない
皆さんも週刊誌の表紙に載ってるようなショッキングな見出しに騙されることなく、真実は出来うるかぎり自分の眼で確認しよう(^^♪

ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

未分類 | コメント:2 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。