真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

僕たちをコカコーラーの魔の手から救ってくれる救世主降臨!その名は・・・

救世主降臨!その名はズバリBIONADE「ビオナーデ
え?知らないって、かくいう私も今日まで知りませんでした・・・OTL
biona-de


そりゃそうだ、海外ならいざ知らず国内では本格販売はされていないからね(^_^;)
で、このビオナーデ何が凄いかというと化学添加物を全く使わない炭酸飲料なのだ。
オマケニ果物で作られた無糖の炭酸ジュースというから凄い。


製造方法は社長さん自らがビールを作る酵母菌から、炭酸だけを作り出して、アルコール分を出さないもの探し当てて利用している。だから子供が飲んでも酔っ払うことはありません(笑)

しかもここの社長さん、最近欧州で急に人気が出だしたビオナーデの買収を大手炭酸飲料メーカーから持ちかけられたそうなのだが、軽く一蹴。いいね~!こういう気骨のあるオヤジさんが造ってるなら、なお更信用できるよ(^_^)v

なぜ今回紹介したかというと、それは皆に炭酸飲料に含まれる大量の砂糖や化学添加物の恐怖について知ってもらいたいからなんだ。

コカコーラーを筆頭とする炭酸飲料の恐怖については、
こちらの動画にて、その真実を確認して欲しい

▼     ▼     ▼


紛らわしいので続きはこちらから
▼     ▼     ▼


さて、ドイツ国内ではマクドナルドやIKEAなどでも販売されているそうなのだが、肝心の日本ではどうだろうか?ムム!HPを検索すると販売代理店のページに日本での販売先が記されいるではないか。オマケニ大阪在住の私には眼と鼻の先にある神戸ですよ。

が!しかし・・・メールアドレスしかリンクされてない・・・OTL

で、検索することしばし、やっとその会社のHPを突き止めたのだが、商品ラインナップに「ビオナーデ」が掲載されていないではないか。

つまり、メールでの問い合わせしか受け付けてないってことか?
という訳なんで、どうしても飲んで見たい人は一度メールしてみよう。

ビオナーデ」日本販売代理店、
雄山株式会社HPhttp://www.oyama-web.com/guide3/index.html

メールアドレスはリンクさせてないのでコピペして使ってね(^_^;)
▼     ▼     ▼
雄山株式会社メールアドレス:stsuchiyama@oyama-company.co.jp
▲メーラーデーモンが帰ってきたので、下のアドレスを使って下さい。

雄山株式会社メールアドレス:naka@oyama-company.co.jp

ビオナーデ」英語サイトhttp://www.bionade.com/bionade.php/20_en

食べてはいけない! 添加物年間摂取量5kgの恐怖食べてはいけない! 添加物年間摂取量5kgの恐怖
(2004/01/29)
増尾 清

商品詳細を見る
飲んでもいけません(^_^;)


2007/11/15 雄山株式会社 食品部 仲  忍 様
よりビオナーデのご返事がきました。

お問い合わせのビオナーデですが、現在ドイツ国内での供給が追いついていない
状況でいまだ輸入に至っておりません。予定としましては来春の入荷となっております。
何卒ご理解の程よろしくお願いいたします


ということなので、皆さんしばしのお待ちを(^_^;)

ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:ダイエット&ビューティー - ジャンル:ヘルス・ダイエット

食料 | コメント:0 |

新しい預貯金口座開設しました(^_^)v理由は反戦。なぜかは本文を読んでね・・・

とりあえず有言実行の管理人は近畿ろうきんにて新しい預貯金口座開設しました。
証拠写真です(笑)
▼     ▼     ▼
tuutyou1


本日作って参りました。
▼     ▼     ▼
tuutyou2


口座を開設したら粗品を頂きました(^^♪
井筒監督、是非そのお言葉をロスチャイルドやロックへラー等の国際金融グループにぶつけて下さい!
▼     ▼     ▼
tyokinnbako


え、なんでかって?
それはですね、もともと郵政は民営化される以前から、その資金が間接的にアメリカ国債へ投資され、アメリカの戦争を影で支えてきたからなんですよ・・・OTL

詳しくはこちらを参照


で国内において唯一アメリカ国債を間接的に買い支えない金融機関(労働金庫・信用金庫)口座を開設したという次第なんです(^^♪

皆さんもそろそろ、アメリカ政府の自作自演の戦争に手を貸すのはやめにしませんか?
自分が預けたお金がでっち上げのテロ戦争に使われてるなんて正直寝覚めが悪いです。

また郵政だけでは無く、大手都市銀行も間接的にアメリカ国債に投資してるんですよね・・・OTL

え?そんなショボイとこ不安だし、使いかってが悪そうだ?
そんな心配性の貴方にご説明しよう。

労働金庫は非営利の金融機関として日本全国にありますし、ネットバンキングも可能です。また私の開設した近畿ろうきんではコンビニのセブンイレブンに設置してあるセブン銀行のATMから入出金が可能、更に回数・金額の制限無しで引き出し手数料が無料なんですよヽ(^。^)ノ

ここまで完備されてれば大手都市銀行や郵便局に預けておく理由はありませんよね。
デモに参加しなくても、出来なくても、預金を移すだけで始められる本当の反戦運動があります。
皆さんもこぞって参加しては如何でしょうか(^_^)v

「新しい貯金」で幸せになる方法―あなたの生活を豊かにする「NPOバンク」「匿名組合」のススメ「新しい貯金」で幸せになる方法―あなたの生活を豊かにする「NPOバンク」「匿名組合」のススメ
(2006/05)
樫田 秀樹

商品詳細を見る
NPOバンクや匿名組合に興味のある方は是非読んでみよう(^_^)v


憲法を変えて戦争へ行こう という世の中にしないための18人の発言 (岩波ブックレット657)憲法を変えて戦争へ行こう という世の中にしないための18人の発言 (岩波ブックレット657)
(2005/08/03)
井筒 和幸、木村 裕一 他

商品詳細を見る
ワンコインで著名人の意見を読んでみよう(^^♪


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

金融 | コメント:3 |

これが、第二のサブプライムローンなのか?死の債権(デス・ボンド)!

今日はもしかすると第二のサブプライムローンになるかも知れない金融商品をご紹介します。
死神

情報ソースは2007年10月週間ポストの大前研一氏の連載コラムです。簡単に要約すると資金の運用先に困っていた人達が生み出した金融商品Death Bonds 「デスボンド(死の債権)」の紹介なのですが・・・。

これは金融資産に余裕がある人や、死んでから保険金をもらってもしょうがない、存命中に現金が欲しいという人の生命保険を70歳なら受け取り保険金額の2割、75歳なら4割といったレートを決めて買い取るサービスだそうです。

例えば一億円の生命保険金を掛けている人が、買取会社に売ると2,000万~4,000万の現金を貰う

買取会社は生命保険の残りの掛け金を払い続け、被保険者が死亡したら満額の一億円を受け取る

その後の仕組みは今話題のサブプライムローンと同じで、個々の生命保険を数千~数万人規模で集め、8%ぐらいで回るABS(資産担保証券)に証券化し、それがファンドに組み込まれていくという構造。

で結論として現在6000兆円という過剰流動性資金が世界を飛び交っている。世界の多種多様な株や先物を組み込んだファンドを造っても恐慌になればヘッジ(リスクに対する防御)が出来ない。でも「デスボンド」なら生命保険の被保険者が一斉に死亡する訳ではないから恐慌になっても影響は少ないという考えらしい。そして大前氏は金融危機が起きても世界経済と直接連動していないこういった「デスボンド」に資金が逃避すれば恐慌からの回復は早いと書いてるのだが・・・。

正直本当に大丈夫なのか?という感じです(^_^;)
でも、これって個別的に見ると何だか生命保険を売った人も、ファンドを買った人も皆得をして良いじゃん!みたいな感覚に陥りますが本当にそうでしょうか?

管理人はこう思うんですよね。

仮に私が75歳で今すぐ一億円の生命保険に入る

すぐさま買取会社に売却。4、000万受け取る
現金で持つより利息が入ってくる金融商品で運用しよう!と考える

4,000万を全額、利回りの良いファンドに投資する

利回りの良いファンドは「デスボンド」を組み込んでいた・・・OTL

こういった連鎖が続けば、いずれはサブプライムみたいに破綻するんじゃないの?(^_^;)

大前研一さんは現在UCLA政策学教授らしいんですが・・・

じゃあデスボンド自体が悪かと言えば、そうでもないかもしれません。保険を売却したお金で手堅く金の現物や、不動産を買って賃貸に出して毎月不動産収入を得るとか色々な方法があります。でもそれはあくまで財テクの話ですから皆さんご自分で調べて下さいね(笑)

しかしサブプライム問題自体についても再燃の可能性があります。その理由は「田中宇の国際ニュース解説 」が詳しく解説してますのでそちらをご覧下さい。

田中宇の国際ニュース解説はこちら
▼     ▼     ▼
http://tanakanews.com/071113subprime.htm


サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 [宝島社新書] (宝島社新書 254)サブプライム問題とは何か アメリカ帝国の終焉 [宝島社新書] (宝島社新書 254)
(2007/11/09)
春山 昇華

商品詳細を見る
6年前からサブプライムについて資料を集めていた著者の先見の明には敬服するばかりです。


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:サブプライムローン問題 - ジャンル:政治・経済

金融 | コメント:0 |

ハンカチをご用意下さい。全俺が泣きました(T_T)

泣きました。不覚にも・・・OTL

この話は超有名で皆さんご存知でしょうがそれでも一度見て下さい。
この動画の旧バージョンは知っていたんですが、昨日まで最新バージョンがあることを知りませんでした。その名前は「もし、世界が100人の村だったら」。最新バージョンでは「もしも世界が100人の村ならば」という名が冠されています。

旧バージョン「もし、世界が100人の村だったら
▼     ▼     ▼


最新バージョン「もしも世界が100人の村ならば
文句は見てから承ります<(_ _)>
▼     ▼     ▼
http://event.yahoo.co.jp/voluntarylife/moshimo/index.html


世界がもし100人の村だったら世界がもし100人の村だったら
(2001/12)
池田 香代子、C.ダグラス・ラミス 他

商品詳細を見る
元々はチェーンメールから始まったこのお話。それが書籍化したものが本書です。

世界がもし100人の村だったら  3  たべもの編世界がもし100人の村だったら 3 たべもの編
(2004/12/01)
池田 香代子

商品詳細を見る
食事を平気で残し、捨てる子供に読ませよう(T_T)


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

未分類 | コメント:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。