真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

伊勢の赤福なんて子供だまし、これがイセ食品の真実だ

伊勢の赤福に代表される食品偽装問題が止まらない。
つい最近もマクドナルドやローソンの偽装が報道されている。

でも皆さんは同じ伊勢でもイセ食品という国内最大のたまご会社をご存知だろうか?
自称日本で一番売れてるブランド卵「森のたまご」といえば少しは理解できるだろう。

で、このイセ食品。なにが問題なのかといえば、この会社のグループ企業であるアメリカ養鶏場の実態が凄まじいのだ。詳細は以下の動画をみてほしい。ナレーションは英語だが映像だけでも悲惨な実態がよくわかる。映像は恐らくアメリカの市民団体がゲリラ的に撮影したようだ。

イセ食品養鶏場の実態
▼     ▼     ▼


ニコニコが見れない人はこちら
▼     ▼     ▼
http://www.petatv.com/tvpopup/Prefs.asp?video=inside_egg

狂牛病蔓延を影から支援する情けない日本企業イセ食品のHP
▼     ▼     ▼
http://www.ise-egg.co.jp/

管理人がこの情報を知ったのはニコニコ動画からだが、どうやらこの現状は著名ブログ「きっこのブログ」で狂牛病問題と絡めて二年も前から告発されていたようだ。

二年前のきっこのブログ記事
▼     ▼     ▼
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2005/12/post_885b.html

きっこのブログ最新告発記事
▼     ▼     ▼
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2007/08/post_1e31.html

養鶏場の実態が悲惨なのは昔から知ってるよ!それがどうした?という声が聞こえてきそうだけど、問題はこのような養鶏場を通じて恐怖の狂牛病リサイクルシステムが出来上がってるということなんだ。詳細はきっこのブログでも紹介されているけど、流れ図にすると以下のようになるんだ。

【恐怖の狂牛病リサイクルシステム】

狂牛病の牛や鹿(生きたままミキサーで粉砕!)
▼     ▼     ▼                           
養鶏場ニワトリの餌として再利用                      
▼     ▼     ▼                           
養鶏場ニワトリが出す糞に糖蜜を塗って畜産牛の餌として再利用   
▼     ▼     ▼                           
当然のように狂牛病が発生(一番上に戻ってミキサーへ・・・)

狂牛病を疑われ生きたままシュレッダーにかけられる牛の動画
▼     ▼     ▼
http://saisyoku.com/index.html

もうここまでくると何も言う気になれません・・・OTL
狂牛病抜きに考えてもこのようなサイクルがおぞましい悪夢の行為だとは思わないかい?

企業も狂ってるけど、その企業を動かしているのは我々消費者だという現実も忘れてはいけないよね。
もしかすると狂牛病は畜産動物の命をもてあそぶ人間への天罰なのかもしれない

ファストフードと狂牛病ファストフードと狂牛病
(2002/10)
エリック シュローサー

商品詳細を見る
マクドナルドや吉野家はミドリ十字と同じ穴のムジナ

食の安全よりアメリカが大事?―牛肉輸入再開に異議あり!食の安全よりアメリカが大事?―牛肉輸入再開に異議あり!
(2006/11)
紙 智子、高橋 千鶴子 他

商品詳細を見る
アメリカの杜撰さと日本政府の弱腰はいつ改善されるんだ?


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

食料 | コメント:1 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。