真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ダイヤモンドは偽りの輝き

ダイヤ

ダイヤモンドは永遠の輝き(A Diamond is Forever)」とは、ユダヤ人達が組織する巨大国際カルテル、デビアス(De Beers Group)の有名なキャッチコピーである。

皆さんは結婚するときにダイヤを買いましたか?
もし買っておられないなら正解です。
何故ならダイヤに資産価値は無いからです。ではその理由をお聞かせいたしましょう。

そもそも市場経済では物の値段は需要と供給によって決定されます。つまり需要<供給なら安値、需要>供給なら高値です。しかしダイヤモンドにこの方程式は当てはまりません。どうしてでしょうか?それはデビアス社が産出されるダイヤ原石をほとんど掌握しているからです。

現在世界中にあるダイヤ鉱山で産出されるダイヤが正常に市場に出回れば、ダイヤの価格は暴落すると言われています。ようするにダイヤは埋蔵量、産出量共に豊富であり、希少性はもはや過去の神話に過ぎません。ではどうしてダイヤの価格は安くならないのでしょうか?

それにはカラクリがあります。カラクリは単純です。ダイヤの原石を掌握しているデビアス社が大量の在庫を放出せずに、販売数量や卸売価格を勝手に操作しているからです。
これって違法ですよね(笑)皆さんも学校の授業で独占禁止法というものを習ったのではないでしょうか?
そうです、貴方が考えているようにデビアス社は国際的な犯罪詐欺集団なのです・・・OTL

ただし彼らは捕まりません。それは国際的に彼らを裁く法律が無いからです。
詐欺集団が大手を振って歩いている、恐ろしいことですがこれが世界の現実なのです。

ただダイヤが初めから無価値だったかというとそうではありません。人造ダイヤ(キュービックジルコニアが安価で製造されるまでダイヤには宝飾品的価値と工業品的価値を兼ね備えた確固たる資産価値がありました。でもそれは過去の話にすぎません。

もし嘘だとお思いならお手持ちのダイヤを質屋や下取り業者に持ち込んでみてください。幾ら鑑定書があっても二束三文でしか買い取ってくれないはずです。
それが現実なのです・・・

どうやら偽ユダヤ人(ハザール人ユダヤ教徒)の資本家達は銀行で詐欺的信用創造を働くだけでは飽き足らず、こういう詐欺会社を使って僕らのお金を騙し取る魂胆らしい。このブログを読んでいる良識ある方々は是非友人知人にこの事実を伝えよう。そしてもし貴方の生涯の伴侶からダイヤをおねだりされたら、このブログを読ませることを暗にオススメしておきます(笑)

無形の愛の代償に有形の石コロが果たして必要なのだろうか?
無形の愛に対しては無形の愛、それで十分ではないだいだろうか?


最後に、偽りの価値を付与されたダイヤモンドがアフリカ諸国で紛争の火種となり、また紛争の為の資金源と化していることをご存知だろうか?僕たちが偽りの石コロにNOというだけで止められる紛争もあるということも忘れないでほしい。

デビアスのWikiはこちら

カルテルのWikiはこちら

キュービックジルコニアのWikiはこちら

偽ユダヤ人(ハザール人ユダヤ教徒)についてはこちら

ブラッド・ダイヤモンド (期間限定版)ブラッド・ダイヤモンド (期間限定版)
(2007/09/07)
レオナルド・ディカプリオ. ジャイモン・フンスー. ジェニファー・コネリー. カギソ・クイパーズ. アーノル

商品詳細を見る


ダイヤモンドより平和がほしい―子ども兵士・ムリアの告白ダイヤモンドより平和がほしい―子ども兵士・ムリアの告白
(2005/07)
後藤 健二

商品詳細を見る
映画ブラッド・ダイヤモンドの舞台でもあるシエラレオネに実在する少年兵士のノンフィクション。


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

ユダヤ | コメント:2 |

イラク戦争で米国人の血税200億ドルが行方不明って・・・

どうやら2004~2006年のイラク戦争で米国が民間軍事会社に拠出した総額の内200億ドル、日本円に換算して約2兆円もの大金が行方不明だという。

米国のNPOの調査報道はこちら

対象企業や金額の調査方法等の詳細はこちら

正確には実態不明の外国企業に流れたようだ。
もしこれが本当なら、どこかで笑いが止まらない連中がいるはずだ。果たして善良なるアメリカ国民はこれを見逃すのだろうか?もしそのようなことになればアメリカの民主主義も地に落ちたと言わざるをえない。

ここからは管理人の推測だが、このような資金はタックス・ヘイブンに創られたペーパー会社に入金された後、全世界に数箇所存在する同じようなタックス・ヘイブン内のペーパー会社や私設銀行を転々とする。そうしてマネーロンダリングが済むと目的とする口座に振り込まれる。
もし豊富な地下人脈や組織を持っていれば更に巧妙な方法も存在する。それはその資金で一端麻薬(コカイン等)を購入して売りさばくというやり方だ。こうすれば資金の流れは第三国の麻薬業者の所で寸断される上に、購入資金の何倍もの金額を手にすることができる。正に一石二鳥だ。


・タックス・ヘイブンのWikiはこちら

・マネーロンダリングのWikiはこちら

まあ世界最大の諜報機関であるCIAやNSAが総力を挙げれば割り出しは可能だろうが、恐らくかの国の大統領はそれを許可しないだろう。だってそれは911みたいな茶番を犯してまで手に入れた大切な退職金なんだから(笑)

もしこれを読んでいる米国在住の日本人や日本語を解するアメリカ人がいれば、大統領と議会を相手に裁判を起こすことをお勧めする。だが必ず高額の生命保険に入っておくように。だってきっと経歴抹消済や任務中死亡したはずのゾンビのような元CIA、元NSA、元特殊部隊といった強面の方々がサイレンサー付きの銃で貴方を殺しにやってくるからね・・・(^_^;)

自由の国アメリカ万歳!ヽ(^。^)ノ
大統領の犯罪を見逃すアメリカ国民万歳!ヽ(^。^)ノ

きっと未来のアメリカ国民は「リメンバー・パールハーバー」じゃなくて「リメンバー・ブッシュ」と叫ぶと思うんだけど、そう考えるのは管理人の妄想かな?

マネーロンダリング入門―国際金融詐欺からテロ資金まで (幻冬舎新書)マネーロンダリング入門―国際金融詐欺からテロ資金まで (幻冬舎新書)
(2006/11)
橘 玲

商品詳細を見る

マネーロンダリングの代理人―暴かれた巨大決済会社の暗部マネーロンダリングの代理人―暴かれた巨大決済会社の暗部
(2002/04)
エルネスト バックス、ドゥニ ロベール 他

商品詳細を見る

タックスヘイブン―グローバル経済を動かす闇のシステムタックスヘイブン―グローバル経済を動かす闇のシステム
(2007/05)
クリスチアン・シャヴァニュー、ロナン・パラン 他

商品詳細を見る

海外預金口座の開設活用徹底ガイド海外預金口座の開設活用徹底ガイド
(2004/10/14)
岩崎 博充

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

戦争 | コメント:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。