真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

地震兵器(HAARP)がゼネコン株を暴騰させる?

どうやら欧州を震源地とする日本のゼネコン株2008年暴騰説が巻き起こっているようだ。
え?いつから株式情報に鞍替えしたんだって?いやいや、これには他に深いつながりがあるんですよ(^_^;)まずはこちらを読んでいただきたい。

引用:ネットゲリラは潜水艦戦である。・・・

ゼネコン株が買いだというんだが、さて、どんなもんなのかね? 建築偽装の余波で、今のところ建築業界は青息吐息なんだが、ズンドコ落ちるところまで落ちればあとは上がる一方だとでも言うんだろうか。で、元外交官・原田武夫サイトによれば、だ、来年から日本経済は劇的な復活を遂げ、落ち目のアメリカ経済を尻目に我が世の春を謳歌するというんだが、

11月23日付ハンデルスブラット紙(ドイツ)は、「日本経済はややへこむだけで難を逃れる」との解説記事を掲載した。これによれば、おもにスイス勢が欧州の投資家たちに対し、「米国経済が倒れたとしても、日本への影響は軽微。むしろ、アジアからの需要増と、これまで不振だったゼネコン勢が2008年初頭より盛り返すことで、一気に日本マーケットは活況となる」と喧伝しているのだという。

これは「破壊ビジネス」のかつての立役者たちが語る、先ほど紹介したような言葉とは全く正反対の内容だ。「日本マーケットは終わる」のではなく、むしろ「2008年は日本マーケットの年だ」という。しかも、官製談合疑惑(これも思えば、「破壊ビジネス」お得意の「何が何でも官から民へ」というスローガンの中で摘発が続いた案件だ)で壮絶な下落を味わっているゼネコンが注目されるべきなのだという。一体、その理由は何なのか?

何故そうなるのかという理由は書かれてないので勝手に想像すると、日本経済を破壊し尽くして旨味がなくなったユダヤ資本が、あらたなネタとして地震兵器を使って東海地震でも起こして、再建需要を狙うとか。ゆんゆん。

何らかの理由で大幅な事情変更が生じ、日本で大量の建設需要が発生、しかも政府がこれを後押ししなければならないような状況が生じさせれば良いのである。にわかには信じがたい話ではあるが、そうした状況を生じさせるだけの具体的な手段を、米国は英国の手を借りて既に開発に成功し、着々と「試験運用」を始めている。そんな情報が今、日本のマーケットの最深部では回り始めている。



つまり地震兵器で地震を起こせば膨大な建設需要が嫌でも発生するので、ゼネコン株がお奨めに上がるのではないかということだ。因みにここ出てくる地震兵器とは以前にもご紹介した、「HARRP(ハープ)」のことだ。ではこれはどれほど信憑性があるのだろうか?HARRP(ハープ)=地震兵器説を示す事実を提示するとして以下の興味深い関連性を指摘しているサイトがあるのでみていただきたい。

引用:原田武夫国際戦略情報研究所

このHAARPについては、これまで多くの論者たちが、実に数多くの「仮説」を唱えてきた。これらは検索サイトで“HAARP”と入力すれば無尽蔵に出てくるので、ここではあえて繰り返さない。

その代わり、ここでは一つの「FACT(事実)」を示したいと思う。

このホームページには”On-Line Data”と題するコーナーがある。これをクリックすると、アラスカ大学がこのHAARPの施設に設置した磁力計(magnetometer)における電磁波観測のデータを日本においてもリアルタイムで読み取ることができるのだ。しかも、このデータは1998年10月6日から蓄積されていることになっており、バックナンバーのデータも簡単に検索することができる。

そこで、読者の方々にはぜひ、次の日付の近辺の「データ」について検索してみていただきたい:

●近年の日本国内の主な地震
2000年10月6日 鳥取県西部地震 M 7.3 
2001年3月24日 芸予地震 M 6.7 広島県南部。
2003年5月26日 宮城県沖で地震 M 7.1 
2003年9月26日 十勝沖地震 M 8.0 
2004年10月23日 新潟県中越地震 M 6.8 死者68人。
2004年11月29日 釧路沖で地震 M 7.1 
2005年3月20日 福岡県西方沖地震 M 7.0 福岡県・佐賀県。
2007年3月25日 能登半島地震 M 6.9 
2007年7月16日 新潟県中越沖地震 M 6.8 死者15人。
2007年11月26日 福島県沖で地震 M 5.9

●近年の海外(東南アジア、南アジア)の主な地震
2001年1月26日 インド西部地震 M 7.9 グジャラート州、死者2万人強。
2003年12月26日 イラン大地震 M 6.4 死者・行方不明者500人超。
2004年12月26日 スマトラ島沖地震 M 9.3インドネシア、アチェ(スマトラ島)。
2005年3月28日 スマトラ島沖地震 M 8.7インドネシア、スマトラ島沖。
2005年10月8日 パキスタン地震 M 7.6 死者約10万人。
2007年4月2日 ソロモン諸島で地震 M 8.0 南太平洋メラネシア。
2007年9月12日 スマトラ島沖地震 M 8.4 インドネシア、スマトラ島沖。

●近年の異常気象
・2005年8月23日~8月31日
ハリケーン・カトリーナ:米国南東部(フロリダ州、ルイジアナ州、ミシシッピ州)に被害。とりわけルイジアナ州ニューオーリンズの8割が水没。死者約1200人
・2007年11月15日、16日
サイクロン・シドル:バングラデシュ、ベンガル湾付近の南部各県(バゲルハット、ボルグナ、ポトアカリ)に被害。死者・行方不明者併せ4000人以上。
・2007年12月9日、10日 米国で異常気象 米国北西部、カナダ。

・・・・いかがだろうか?偶然にしては一致しすぎてはいないだろうか??
これらの「自然災害」の5日前から当日にかけて、強烈な電磁波がこのHAARP関連施設では観測されていることが(このデータに信ぴょう性があるという前提に立つと)これではっきりと分かるのである。

ちなみに、ここ数日の日本株マーケットを見ると、次のことを見てとることができる:

●いったん下落したゼネコン株がここにきて再び上昇し始めている。

●いくつかの電力株を見ると、明らかに不可思議な「下げ」あるいは「下げの後のやや上昇」が見て取れる銘柄がある。

そして最後に。
”On-Line Data”で日付を本日(2007年12月20日)にしてほしい。17日から18日、そして18日から19日に激しく磁力計の針が振れていることが分かるであろう。上記のいずれの「自然災害」と比べても、半端ではないほどの振れ方である。



管理人も確認の為に指摘先にアクセスして該当日の一週間以内を検索したところ、確かに該当日の数日前に異常な磁力計情報が残っていた。そするとあと数日以内に・・・OTL
まあ、あまり恐ろしいことは考えないようにしよう。
ただここでもゼネコン株のことを取り上げているが、果たしてどうなのだろうか?
管理人も気になって大手ゼネコン株を調べてみたので、その結果を提示しておこう。

高松建設   年初来騰落率 -14.98 %
大成建設   年初来騰落率 -19.73 %
大林組     年初来騰落率 -27.74 %
清水建設   年初来騰落率 -18.06 %
飛島建設   年初来騰落率 -40.85 %
長谷工コーポ 年初来騰落率 -56.05 %
錢高組    年初来騰落率 -35.64 %
鹿島    年初来騰落率 -32.63 %
安藤建設    年初来騰落率 -36.73 %
奥村組    年初来騰落率 -8.09 %
淺沼組    年初来騰落率 -14.44 %


確かにチャートを見ると、ここ数日上げてる銘柄もあるのだが、上記の通り年初来騰落率は総じてマイナスである。もし本当に今までの仮説が正しければもうちょっと上がっていても良さそうなものなんだが・・・
まあしかし管理人的には前向きに受け取っていこうと思っている。地震兵器や欧州の噂がどうあれ、近い将来に関東大震災や東南海地震が起きるのは確実だから、遊んでいるお金が手元にあるのなら長期的目線で投資するのも悪くはないかもしれない(笑)

ただ一つだけ警告しておこう。国際金融グループ(ロスチャイルド財閥・ロックフェラー財閥)のやり口は様々な手段を使って株価を吊り上げ、売り抜けたところで暴落させ、そしてただ同然で買い漁るのが常套手段である。この欧州の噂が元々どこからもたらされたのか、そこも良く考えてみる必要があるだろう。

株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる株の勝ち方はすべて外国人投資家が教えてくれる
(2006/05/18)
中原 圭介

商品詳細を見る
そういうことだそうです(^_^;)

大震災発生! 公的支援がくるまでの200時間を生き延びる知識と知恵大震災発生! 公的支援がくるまでの200時間を生き延びる知識と知恵
(2006/07/20)
山村 武彦

商品詳細を見る
防災リュックに一冊入れておきましょう(^^♪


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済

未分類 | コメント:1 |

無料動画で遺伝子差別と格差にについて考えよう

前回のブログでは植物の遺伝子が大企業によってホロコーストを受けていることを伝えたけど、もしこれが人間社会にも応用されるといったいどういう未来が僕らを待ち受けているんだろうか?

今回はその疑問に対して示唆を与えてくれる動画をご紹介しよう。
映画のタイトルは「ガタカ」これって既に古典SF扱いらしいが、DNA操作によって誕生した人類を「適正者」、自然出産で生まれた人類を「不適正者」とする近未来が舞台の映画だ。

まあ、これってそのまんま植物のF1品種と在来種の関係そのまんまなんだよね(^_^;)
ストーリー的には不適正者として生まれた主人公が適正者に成りすまして、夢の宇宙飛行士になろうとする訳なんだが・・・
まあ、続きは動画をごらんあれ(^_^)/

こんな差別が横行しない未来にしないといけませんよね
▼     ▼     ▼


ガタカガタカ
(2007/05/30)
イーサン・ホーク、ユマ・サーマン 他

商品詳細を見る
プレミア保存にどうぞ(^^♪

イーノサイエンス DNA-DNA構造イーノサイエンス DNA-DNA構造
()
不明

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:格差社会 - ジャンル:政治・経済

監視社会 | コメント:0 |

シード・バンクで在来種を守って企業の奴隷化計画に反対しよう

このブログでは何だか銀行の悪口ばかり書いてるけど、世の中には本当に役に立つ銀行があるのをご存知かな?その名は「シード・バンクSeed Bank)」っていうんだ。
これは在来種の種がもつ貴重な遺伝子資源を後世に残していこうという主旨で作られている。

何故こういう銀行ができたかと言うと、現在農家で作られている野菜や穀物がF1品種という厄介な種に汚染されてるからなんだ。簡単にいうとF1品種の種は僕らを奴隷に仕立て上げる道具ということなんだ。どうしてF1品種の種を使い出すと奴隷になるのか流れ図をみてみようか。

総合販売会社(モンサント社、ダウ社、バイエル社、カーギル社等)
▼     ▼     ▼
種子   農薬   化学肥料
▼     ▼     ▼
世 界 中 の 農 家


あれれ・・・これって種子だけじゃなくて、農薬や化学肥料まで入ってるよね?そう、実は遺伝子特許を持つ巨大多国籍企業(モンサント社等)はF1品種を作り出すときに農薬や化学肥料の使用を前提に種子の遺伝子を操作しているんだ。つまり裏を返せばF1品種の種を買ってしまうと、農薬や肥料まで買わなくてはいけない仕組みになってるんだ。そして遺伝子操作では効率的に多収穫を得られることを最優先にしてるから人間にとって一番大切な栄養とか風味なんかは二の次なんだ。実際日本の調査でも流通野菜に含まれてる各種ビタミンやミネラルが昔に比べて何分の一かに減少してるんだ。これは今までの何倍もの野菜を取らないと健康を維持できないことを意味するんだよ。たくさん収穫出来ても沢山食べないと本来の野菜の効能が生かせないなんて、大いなる無駄だと思わないかい?それに農薬や化学肥料は土地を荒廃させ環境や人体にまで悪影響を及ぼしてるんだよ。

じゃあなんで奴隷になるかというと、F1品種の種から収穫された植物から種をとって次の年に向けて種を蒔いても良い植物は収穫できないんだ。これは雑種強勢という現象があって一代目は親の優秀な部分のみ受け継ぐけど、二代目以降となると今度は親の悪い部分が多く出てくるんだよ。さらに企業は1度作ると2度と作れないように、種が出ない品種も事前に掛け合わしているんだ。これによって巨大多国籍企業(モンサント社等)は種子・農薬・化学肥料を未来永劫、農家に買わせようという魂胆なんだ。

すると今まで農家が育ていたような在来種が姿を消すだけでなく、在来種に含まれる貴重な遺伝子まで失われてしまうんだよ。これではまるで巨大多国籍企業(モンサント社等)による大規模な遺伝子ホロコーストじゃないか。それにもし何らかのアクシデント(戦争・災害)で巨大多国籍企業(モンサント社等)からの種子供給が止まった時の恐怖を考えてみてほしい。次の年から僕らは何を食べればいいんだい?おまけにこれを政治的カードとして利用されたとき、僕らはどうやって抵抗すればいいんだい?

【奴隷から抜け出すための第一歩】
でも悲しいかな現在流通している野菜なんかは殆ど全てがF1品種なんだよね・・・OTL
そこで皆に提案なんだ。もし、君たちが農家や兼業農家もしくは庭に小さな家庭菜園をもっているのなら、そこで在来種の野菜を育てて欲しいんだ。もしかしたら君たちが育ててくれた野菜が持つ強靭な遺伝子が、将来起こりえる環境激変にも耐えられる救世主になる可能性だってあるんだよ。食料自給率を高めるのが盛んに言われるようになったけど、いくら自給率が100%になってもF1品種に首根っこを押さえられてたら、結局は外国の巨大多国籍企業の奴隷であることになんら変わりはないってことに早く気がついてほしい。

【僕たちは奴隷じゃない!】
一番の疑問は日本にも「シード・バンクSeed Bank)」ってあるの?ということだと思う。実際はシード・バンクという名前は付いてないけど、在来種の種を販売しているところもあるし、在来種や希少種を仲間内で交換・販売しているところがあるので、目覚めた方はそういったところとコンタクトをとって開始してほしい(^_^)/

PeaceSeed.orgはこちら
生命の源泉である「種」を守るシードセイバーとしての活動を通して、人が「宇宙」とのつながりを新しい眼差しで見る事ができるように働きかけているCSO(市民社会組織)
「種の話」のページには海外のシード・バンクの話や種子販売店さんが掲載されているので必見です。
別ページには販売店さんが集約されているので手早く購入したい人はこちら

PeaceSeed.orgさんのページに記載されている「野口のタネ/野口種苗研究所」はリンク切れしていたので、こちらから

黒米(紫黒米) 赤米 緑米(緑香り米)等の古代米の種籾を購入したい方はこちら

上記で古代米を販売している加納克也さんのHPでは他にも農家自家採種種・自家栽培苗の販売や農産物の通販も行っているようなので利用してあげてください。

自然農法の種子を販売している「(財)自然農法国際研究開発センター」はこちら

べジタファームでは非遺伝子組み換えの青汁用小麦種子を販売しています

「たねの森さん」では無農薬・無化学肥料の種を販売しています

自家採種ハンドブック―「たねとりくらぶ」を始めよう自家採種ハンドブック―「たねとりくらぶ」を始めよう
(2002/02)
ミシェル ファントン、ジュード ファントン 他

商品詳細を見る

にっぽんたねとりハンドブックにっぽんたねとりハンドブック
(2006/06)
プロジェクト「たねとり物語」

商品詳細を見る

“自殺する種子”―遺伝資源は誰のもの?“自殺する種子”―遺伝資源は誰のもの?
(2002/01)
河野 和男

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ

テーマ:食糧政策 - ジャンル:政治・経済

食料 | コメント:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。