真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

地震兵器以外にも人為的な地震は存在するようだ・・・OTL

気象兵器+地震兵器+マインドコントロール装置の疑いのあるハープ(HAARP)だが、どうやら我々自身の純粋な経済活動でも地震は起こるものらしい。

引用:WIRED VISION

Adam Rogers 2007年08月23日

オーストラリア史上最大の地震――1989年12月28日、マグニチュード5.6、震源地はニューサウスウェールズ州ニューカッスル、死者13人、被害総額35億ドル――の原因は人間だった!

石炭を採掘しすぎたために、この地域の断層線を刺激してしまったらしい。『National Geographic Online』にRichard A. Lovett氏が書いた興味深い記事から、要点をいくつか引用しよう。

ニューヨーク州パリセーズにあるコロンビア大学『Lamont-Doherty地球科学研究所』のChristian D. Klose氏が実施した調査によると、この地震は200年に及ぶ地下の石炭採掘によって地殻応力が変化したことが引き金になったという。

この地震は、他の地域の歴史的な大地震に比べるとそれほど大規模なものではないが、オーストラリアは一般に地震活動が活発だとは考えられていないうえ、ニューカッスルの建物はこれほどのマグニチュードの揺れに耐える設計ではなかったと、Klose氏は述べた。

結局のところ、この地震が一瞬にしてもたらした金額的損害は、この地域から産出した石炭の価値の合計を超えたと、Klose氏は付け加えた。

(中略)

Klose氏によると、この地域から何百万トンもの石炭を取り出したことが、ひずみを引き起こした応力の主な原因となり、ニューカッスルの地震の引き金になったという。

しかしさらに重大なのは、炭鉱内が水浸しになるのを防ぐために必要な、地下水のくみ出しだ。

「石炭が1トン産出されるたびに、その4.3倍を超える地下水がくみ出された」と、Klose氏は述べた。

もっと恐ろしい事実がある。

Klose氏は、人間が原因で起きた地震を200件以上特定しており、その大半は過去60年以内に起きたものだ。「第二次世界大戦の前はほとんど起きていない」と同氏。

多くは採掘が原因だが、3分の1近くは貯蔵所の建設によるものだという。

原油やガスの産出でも地震を引き起こす可能性があると、Klose氏は付け加える。

古今を通じて人間が原因で起きた最も大きな地震のうちの3つは、ウズベキスタン共和国のガズリ天然ガス田で、1976年から1984年にかけて起きた3件の地震だ、とKlose氏は指摘する。

これら3件の地震はいずれもマグニチュード6.8以上で、最大のものはマグニチュード7.3だった。

Klose氏によると、地中に二酸化炭素を注入するという最近の技術も危険だという。[日本語版編集部:日本では新潟県長岡市で実証実験が行なわれていた。]



確かに応力の集中してるところに穴掘れば地質的な均衡が崩れるのは当然なので、恐らく正しい推測なのでしょう。でもそれを言いだすと全ての地下資源が採掘出来ないことにもなるし、いやはや困ったもんです(^_^;)
こういうのを前門の虎、後門の狼というんでしょうね・・・

資源採掘から環境問題を考える―資源生産性の高い経済社会に向けて (国連大学ゼロエミッションフォーラムブックレット)資源採掘から環境問題を考える―資源生産性の高い経済社会に向けて (国連大学ゼロエミッションフォーラムブックレット)
(2001/11)
谷口 正次

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

未分類 | コメント:0 |
<<次世代の風力発電機はこれで決まり? | HOME | 年末年始は皆でお金の勉強だ!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。