真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

民主党が不当に30年も継続されている暫定税率廃止をアピール

「国が一番のヤクザだ!」とは管理人の親の言葉であるが、これはまさしくその通りだと思う。何故なら国は一度「暫定」とか「時限立法」という口先三寸で国民を騙して、延々とそれを実行して止めようとはしないからだ。これはガソリンだけじゃない、赤字国債だってそうだ。今回民主党は大々的にこれに立ち向かうらしい。

引用:日経ネット

ガソリン25円値下げ」・民主が暫定税率年明け攻防へ、ビラ作成
 「民主党税制改革ガソリン25円値下げできます」。民主党は28日、道路特定財源の暫定税率廃止をアピールするビラとのぼりを作成し、国会議員や全国の県連事務所に送付した。

 ビラは「日本のガソリンが割高なのは『ガソリン税』が高いからです」と指摘。道路整備のために上乗せしている暫定税率について「30年も続く『暫定』なんて納得できません」などと説明している。与党が指摘する財源問題には触れていない。のぼりは「ガソリン値下げ」と大書したシンプルなデザインだ。(07:02)



だがここで皆さん注意して頂きたい。記事にも述べられている通り、無意味な暫定税率は廃止されるべきではあるが、その代替財源は明記されていない。まさか民主党のお歴々はお金が天から降ってくるとでも思っているのだろうか?代替財源の論理的根拠が示されねばまさに片手落ちも甚だしいし、票目当てのリップサービスだと思われても仕方が無い。あるいはもっと穿った見方をすれば、ガソリン高で疲弊している経済界向けのリップサービスとも取れる。

だが皆さん思い出してほしい、管理人がこのブログで提唱してるように、日銀のような存在意義が不透明な組織を即刻廃止して政府通貨を発行すればよいのである。それに財源を作り出そうと思えば幾らでもあるではないか。特殊法人等を一律全廃すればいいのだ。それに公務員だって減らせばいい、どうしても減らせないなら給料を一律30%カットすればいい。給料が安くても公務員になりたい、働きたいという障害者や健常者が幾らでもいることを忘れては行かんぞよ!

政府通貨発行について知らない方はこちらを参照

収益日本一・ガソリンスタンドの魔術商法 (Yell books)収益日本一・ガソリンスタンドの魔術商法 (Yell books)
(2004/10)
高根沢 一男

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:本日のニュースより - ジャンル:政治・経済

政治 | コメント:0 |
<<アメリカ帝国を影で支える経済ヒットマン、そしてジャッカルとは・・・ | HOME | 次世代の風力発電機はこれで決まり?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。