真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

テロという問題じゃあないと思うんだが・・・

どうやらテロでパリダカは中止になるようです。

引用:asahi.com

テロ警戒でパリ・ダカ全面中止 79年以来初めて
2008年01月04日23時32分

 ポルトガルのリスボンを起点に5日から開催予定だった自動車のダカール・ラリー(通称パリ・ダカ)について、主催団体の仏ASOは4日、全面中止を発表した。日程の半分以上を占めるモーリタニアで「競技に対する直接的な危険がある」とテロ警戒を理由としている。79年に同ラリーが始まって以来、全面中止は初めて。

 モーリタニアで先月、旅行中の仏人4人が殺害された事件を受け、仏外務省が3日、ラリー関係者も含む「すべてのフランス人が訪れないよう強く勧告する」と事実上、中止を促していた。

 モーリタニア政府は「安全を保証する」と開催決行を促していたが、同ラリーは00年にニジェール通過のステージを中止にするなど、ここ数年、テロ警戒で部分的な変更が相次いでいた。

 同ラリーは今回、サハラ砂漠を縦断する6000キロ近いコースで約2500人の参加者が競う予定だった。セネガルの首都ダカールに到着する20日までの期間中、11日から19日までがモーリタニアを通過する設定だった。

 今回の殺人事件では、アルジェリアを拠点とする「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ組織」(AQIM)の関係者の犯行が疑われている。アルカイダ側がフランスを標的にする発言を繰り返しており、クシュネル外相が4日、「危険だと警告する」と改めてラリー中止を求めていた。



しかしここで皆さんよく考えてほしい、これは何とも情けない話だと思わないかい。そもそもパリダカなんてあらゆる資源とエネルギーのムダ使いじゃないか。それがテロだから中止とは恐れ入る。本当に健全な社会なら、環境破壊、資源、エネルギーのムダだから中止しようというのが理性ある人間の決定ではないだろうか。

本当に地球温暖化、エネルギー危機、環境破壊が迫っているのなら、全世界の国家、企業、庶民が一致団結しなければならないと思うのだが、そう思うのは管理人だけだろうか・・・

国際テロを操る闇の権力者たち―明治天皇の孫が教える世界情勢の読み取り方国際テロを操る闇の権力者たち―明治天皇の孫が教える世界情勢の読み取り方
(2003/03)
中丸 薫

商品詳細を見る

パリ~ダカ パジェロ開発記―鉄の駱駝から砂漠のスポーツカーへパリ~ダカ パジェロ開発記―鉄の駱駝から砂漠のスポーツカーへ
(1995/08)
岡崎 五朗

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:本日のニュースより - ジャンル:政治・経済

未分類 | コメント:0 |
<<フードマイレージについて考える | HOME | 世界銀行と国際通貨基金(IMF)は合法的闇金だったのね・・・OTL>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。