真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

そんなことをやってるヒマがあるんなら役人が畑を耕せ!

引用:ヤフーNEWS

輸入頼み食料の需給見通す「食料短観」農水省が創設へ
1月7日3時9分配信 読売新聞

 農林水産省は、小麦や大豆、マグロなど輸入割合が高く国民生活に与える影響が大きい食料について、3か月ごとに需要と供給の1年後までの見通しを示す「世界食料需給動向総合調査」(仮称)を2008年度から始める方針を固めた。

 中国など新興国(BRICs)の経済発展やバイオ燃料用作物の需要急増、気候変動などの要因で不足しがちな世界の食料状況を伝える。

 企業の景気判断を指数(DI)で示す日本銀行の「全国企業短期経済観測調査」(短観)を参考に、食料別に需給の逼迫(ひっぱく)度合いを示す指標を作り、「食料短観」として定着を目指す。

 外国政府や国連食糧農業機関(FAO)などの公表情報に加え、直近の詳細な情報を収集。干ばつなどの天災被害が出そうな農地面積や映像、農業団体のストライキ期間などの情報も吸い上げる。



これを読んで皆さんはどう感じられたでしょうか?
管理人はこう思います。

そんな短観なんぞ先物会社やエコノミストが幾らでも配信してるだろうが!
下らんことに人員や予算を使ってヒマがあるならお前らが畑を耕して食料自給率を上げろよ!
それが嫌なら、個人の専業農家や新規就農者の支援や保護対策を行えよ!


皆さんはどう思います?

イラスト版 これでわかる輸入食品の話―ここが問題!食品検疫と食料自給率イラスト版 これでわかる輸入食品の話―ここが問題!食品検疫と食料自給率
(2000/08)
小倉 正行

商品詳細を見る

多角分析 食料輸入大国ニッポンの落とし穴多角分析 食料輸入大国ニッポンの落とし穴
(2003/03)
小倉 正行

商品詳細を見る

これでいいのか日本の食料―アメリカ人研究者の警告これでいいのか日本の食料―アメリカ人研究者の警告
(2002/06)
ジェームス・R. シンプソン

商品詳細を見る

輸入食品に日本は潰される―農水委員会理事、衝撃のレポート輸入食品に日本は潰される―農水委員会理事、衝撃のレポート
(2003/10)
山田 正彦

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

食料 | コメント:0 |
<<韓国次期大統領李明博、お前は北朝鮮の回し者かよ! | HOME | 世界的金融問題になんら有効な対策をしない日銀は解体せよ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。