真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

これがユダヤの両頭戦略!ヒラリーとオバマどちらが勝ってもユダヤのヒモ付き

最近ヒラリーよりオバマが支持を集めているようだが、どちらが勝ってもその裏にはユダヤロビーの存在があることを忘れてはならない。ではその記事を紹介しよう。

Obama and the Jews(オバマとユダヤ人)の記事はこちら 翻訳記事ではオバマが小浜に誤変換されているが機械翻訳なので我慢してほしい(笑)

これが有名なユダヤの両頭戦略である。
一見対立しているように見えても、その裏ではどちらが勝ってもいいように、膨大な資金援助を行っているのである。このような現実を見ずしてアメリカの大統領選挙を見るとトンデモナイ誤解をするので皆さんも気をつけよう。黒人初の大統領だから白人とは違った政策を取ってくれるだろうというのはまさに幻想なのである。

上記の機械翻訳記事を読めば判る通り、オバマは基金調達のチーフとしてAlan Solomont(ボストンユダヤ人の慈善家)を登用している。また記事に出てくる「AIPAC」とはアメリカ・イスラエル公共問題委員会(-こうきょうもんだいいいんかい、The American Israel Public Affairs Committee=AIPAC)である。この団体(ユダヤロビイスト団体)の政治目標は以下の6つである。

1.ハマースに率いられたパレスチナ自治政府を孤立化させる。
2.イランの核兵器保有を防ぐ。
3.イスラエルを支援し、中東における唯一の民主主義国家を守る。
4.イスラエルを、将来の脅威[5]から守る。
5.(アメリカにおいて)次世代の親イスラエル政治指導者を育成する。
6.アメリカ合衆国議会に対し、米-イスラエル関係に関する宣伝活動を行う。


ここからもオバマ候補が大統領になったところで、イランへの不当な政治攻撃が変わることないであろう。またイスラエルが不当なパレスチナ人の虐殺を幾ら繰り返しても、それを黙認する立場をとるであろう。どうやら彼は肌の色だけでなく、腹の中まで黒いらしい。

もしオバマ候補がアメリカ大統領になったら世界が変わるという能天気な方がおられるのであれば、こういう裏の真実にまで目を通して頂きたい物である。またこのような事実を報道しない日本のマスコミや評論家にはさっさと職を辞して頂きたいものである。

アメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか―超大国に力を振るうユダヤ・ロビーアメリカはなぜイスラエルを偏愛するのか―超大国に力を振るうユダヤ・ロビー
(2006/12/01)
佐藤 唯行

商品詳細を見る

ケネディとユダヤの秘密戦争 (発掘!アメリカの嘘)ケネディとユダヤの秘密戦争 (発掘!アメリカの嘘)
(2006/04/18)
マイケル・コリンズ・パイパー

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

選挙 | コメント:0 |
<<ロックフェラー一族の戦争犯罪を無料動画で鑑賞しよう(^^♪ | HOME | 韓国次期大統領李明博、お前は北朝鮮の回し者かよ!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。