真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

創価学会、北朝鮮、オウム、勝共連合、ユダヤの忌まわしき系譜

さて今回は当ブログのコメントに創価学会、北朝鮮、ユダヤ等のつながりがガセではないのかという書き込みがあったので誰でも見れるネット上の情報をかき集めて検証してみたいと思う。

まず一番よくまとまって、かつ見ていて面白いのはリチャード・コシミズ氏のサイトだと思う。

リチャード・コシミズ氏の「創価学会は北朝鮮宗教である」はこちら

ではリチャード・コシミズ氏が上記サイトに書いていることにどれほど信憑性があるかという問題であるが、それを検証していこう。

まず管理人が注目したのは「韓日」という言葉である。これはリチャード・コシミズ氏も指摘するように在日朝鮮人によって組織されているエセ右翼団体でもみられるものである。普通の日本人なら誰でも「日韓」と書くはずである。何故池田大作や創価学会が純粋に日本人による組織であるならば韓国人のような「韓日」という言葉をわざわざ使うのであろうか?

嘘だと思う人は下記創価学会のHPに右上にあるサイト内検索に「韓日」の言葉を入れて検索してみよう。沢山でてきますから(笑)

創価学会HPはこちら

だが、そもそも池田大作そのものが在日であるならばこんな謎はすぐに氷解するわけである。

引用:国民新聞

池田大作帰化人説
冨士谷紹憲氏 
永田町ウォッチャー、冨士谷紹憲氏によると、創価学会の
池田大作名誉会長(写真右)は「帰化した在日朝鮮人」と暴露
した。

学会をバックにする公明党が外国人の地方参政権付与に躍起
になっているのも、このためだという。

冨士谷氏によると、父方の本名は成田作(ソンジョンチャク)
で母方は池(チ)姓という。

 また、池田は昔から

「日本に先祖の墓がない」
「大田区大森海岸の朝鮮部落の海苔の漁師出身」
「日本語がうまく喋れず、寡黙な男」

 と言われているが、学会機関紙「大白蓮華」(2000年
3月号)に掲載された池田の人生記録の中で

 「父が韓国語を教えてくれた思い出がある」
 「私の少年・青年時代には多くの在日韓国朝鮮人の方々との
  出会いがあった」
 「韓日文化交流」と「韓」を「日」の前に記述するなど、

 父母が戦前に帰化した朝鮮人であれば納得できる記述が散り
ばめられている。



この件についてもし捏造だというのなら池田大作は両親と本人の戸籍を開示すればよい。実に簡単なことだ。でもやっていないということは黒だということであろう。
また以下のような記事もある。

引用:新潮社

創価学会に援助を求めた北朝鮮の“窮状”
 食糧危機にあえ北朝鮮が日本国内の友好団体を通じて創価学会に交流を求めてきていることが関係者の証言で分かった。北朝鮮は金正日総書記による事実上の独裁体制とはいえ、一応、共産主義を標榜している。信教の自由を禁じた共産主義国家が宗教団体に接近を図らなければならないほど状況は危機的といえる。
 関係者によると、打診があったのはこの冬。創価学会インターナショナル会長を兼ねる池田大作名誉会長の派手な海外宣伝活動に着目しての援助要請のようだという。
 北朝鮮といえば、去る2月、在ローマ国連食糧農業機関(FAO)北朝鮮代表部の金ドンス三等書記官が一家3人で韓国に亡命したばかり。金書記官は首都平壌で餓死した子供の死体を目撃したことや、外交官が麻薬密売に手を染めていることなど北朝鮮の末期的症状を明らかにした。また、北朝鮮の赤十字会が食糧援助を求めて韓国側との会談を求めており、ここ数年続いた飢饉による被害が甚大なのは間違いない。
 しかし、米国はそうした状況下でも北朝鮮軍が食糧を溜め込んでいるとの見方を変えておらず、事実、軍はこの冬も軍事境界線付近で恒例の大演習を実施した。果たして創価学会への要請が意味するものは何か?



この記事の最後にも指摘されている通り、何故北朝鮮が日本の創価学会へ援助を申し込むかである。常識的に考えて拉致を行った国の宗教団体に援助を求める指導者がいるであろうか?普通に考えれば何らかのパイプがあるからこういう要請があるのである。つまり創価学会を牛耳る池田大作が半島人であるからと考えれば筋が通る。

記事が膨大になるので引用しないが、創価学会関連では既存マスコミでは「新潮社」が孤軍奮闘しているようだが、ネット上での記事が少ないので、一番多く集合記事を掲載している「国民新聞」へのリンクを掲載しておくので、是非読んでほしい。

国民新聞の創価学会関連記事はこちら

では何故このインチキカルト教団が最終的にユダヤまで到達するかというと、まず最初に米国のCIAの肝いりで設立された「Asian People’s Anti-Communist League,(APACL)」とそれに参加した「世界勝共連合」を理解しておく必要がある。

世界勝共連合:犯罪の国際主義はこちらを参照

この世界勝共連合は台湾の総統である蒋介石に加えて、後に韓国大統領となる朴正熙(Paek Chun-hee)、戦犯の一人で富豪となり日本の自由民主党の資金を支えた笹川良一、さらに統一教会の文鮮明(Sun Myung Moon )等で構成されていた。そしてアメリカのフェニックス計画(1968~1971)とコンドル作戦(1976~1977)に適用されたWACLの役割には、東南アジアやラテンアメリカで共産主義のシンパであると疑いをかけられた何万人という人間の殺害が含まれている。それは今日に至るまで実態が明らかにされていないが、日本に重要なのはこれらの作戦ではない。笹川良一と統一教会の文鮮明が共にCIA傘下に入っており、それがオウム事件と創価学会とも密接に関連していた疑いがあるということである。

詳しくは「オウム事件の本番」を参照してほしい

上記のリンク先をよく読まれた方は理解できるかと思うが、つまり命令指揮系統を簡単に図にすると以下のようになる。

作戦を練り、資金を供給する国際金融グループ(ロスチャイルド財閥・ロックフェラー財閥)
▼     ▼     ▼
アメリカ大統領や議員に働きかけるユダヤロビー
▼     ▼     ▼
実際に指令を発するアメリカ大統領やCIA
▼     ▼     ▼
世界勝共連合やAPACL
▼     ▼     ▼
オウムや創価学会に潜入する統一教会信者
▼     ▼     ▼
オウムには日本人を標的としたテロ行為
創価学会や統一教会には宗教を利用した資金集め
暴力団(ヤクザ)には北朝鮮から輸入した覚せい剤で日本人社会の崩壊を


これだけ見ると創価学会はさも犠牲者のようだが、我々の目に見える創価学会・統一教会・暴力団(ヤクザ)は全て在日というキーワードで結ばれており、末端信者はともかくその中枢は汚染されているのである。しかし在日が根本の悪の枢軸かというと、そうではない。実際彼らは何も知らない下っ端で、大本を辿るとそこには巨大な金融グループが姿を現すのである。

つまり、民族的には親戚関係にある在日の人々や日本人はお互いに利用されて憎しみあっているというわけである。管理人は大阪在住で在日の知り合いもいる。だから全ての在日の人々が悪いというつもりはない。しかし近視眼的な視野しか持たず、物事の全体像を把握しない人々とは例え同じ日本人であろうとも、目が覚めるまで糾弾せざるえないのが現状である。

韓国の謀略機関―国際勝共連合=統一協会 (1978年)韓国の謀略機関―国際勝共連合=統一協会 (1978年)
(1978/06)
日本共産党

商品詳細を見る

愚かな韓国人に鉄槌を愚かな韓国人に鉄槌を
(2006/10/02)
イ・ジョンシク

商品詳細を見る

在日の地図 ~大韓棄民国物語在日の地図 ~大韓棄民国物語
(2006/10/24)
山野 車輪

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

創価学会 | コメント:4 |
<<カナダのユダヤ団体「CJC」がホームレスを兵糧攻めにして間接虐殺? | HOME | 民主党の売国奴議員グループがまた暗躍しているぞ(ー_ー)!!>>

この記事のコメント

読ませていただきました。
ちょっと長くなりますが、ご容赦ください。

このように調べていただいたのは良いですが・・・
リチャード・コシミズ氏のサイトを見ましたが、まず大変気分が悪くなりました。なぜなら、北朝鮮、ユダヤ、創価学会を無理やり結びつけて、ただ批判しているだけと感じたからです。
これは昔からの彼のやりかたですね。インターネット上に流れている情報の断片を都合の良いように繋ぎ合わせて発信する。自分では全く動かず、裏も取らない。

彼と同様、テスラの卵様も「韓日」という言葉に違和感を持たれているようですが、池田氏は「中日」とも言っているのです。そのことには全く触れていませんね。そもそも池田氏が「韓日」、「中日」と言う背景には、戦時中日本が、中国、朝鮮半島に迷惑をかけて申し訳ない。との思いからだそうです。
それに感動したのが周恩来元首相です。彼は病をおしてまで、わざわざ池田氏に会ってますね。それからようやく、政府が動き出し、日中国交正常化が成されました。アメリカには先を越されましたがw

話を戻して、リチャード・コシミズ氏が何故「中日」に言及しないのか?と考えたら、彼自身中国に会社をもってますね。そして、彼の思想自体が左。共産主義ですね。そして彼が攻撃しているのは、右翼系と資本主義圏がほとんどです。
彼は、自身が昔から嫌いなユダヤ(さらにはCIA)と、共産党と昔から対立している創価学会を結びつけ、さらに共産主義ではなくて誰からも嫌われている北朝鮮を結びつけ、批判している。
自分の敵はみんなつながっていることにして、いっぺんに叩いてしまおうという魂胆が丸見えです。
2008-01-16 Wed 12:12 | URL | オン #-[ 編集]
さらに言うと、よりによって新潮社を証拠に出すなんて・・・あそこは一般の人からも年がら年中訴えられているところですよ?ほとんどがデタラメの記事。捏造のオンパレード。だから裁判でもほとんど負けてますよ。

また国民新聞には池田氏が朝鮮人だと言う説が書かれていますが、池田氏の兄弟は太平洋戦争時、徴兵されてますね。在日なら徴用(勤労奉仕)のはずですが。この説にはそもそも証拠がありませんね。池田氏の言動からの類推でしかない。それに冨士谷紹憲自身の存在自体が怪しい。誰??

そしてオウムと創価学会、統一教会と創価学会。これらを結び付けているようですが、情報元が全て2chですか。こんなものいくらでも捏造できる話ですよね。しかも、それぞれは思想が全く違い、ずっと敵対しているのに、それには言及してない。証拠といえるものが全くない。

それに、リンク先のページには、フランスがカルト(セクト)認定したからあぶないとか言ってますが、そもそも、その発想自体がおかしい。日本でカルトと言ったら、単純に危ない意味合いを持ちますが、フランスでは異端(カトリック以外)のものはほとんどカルトになっています。だからといってその全てを危険団体とはしていない。その証拠に、フランス政府からは芸術・文学勲章が池田氏に贈られてますね。危険団体としているのでしたら、そんなことしませんよね?

他の国や都市、大学、国連だってそうです。ネット上や週刊誌では金で買っているなんて言ってますが、顕彰や勲章は金で与えられるものではないですよ!その国、その都市、その大学の歴史に一生残るものですから。そんなことをしたら恥になる。だから審査だって厳しい。
最初に贈られたのがモスクワ大学の名誉博士号ですが、それも何度も断っていたとのこと。金で買っておいて、断るなんてありえないでしょう。
金で買っているなんてことを言っているのは日本のメディアくらいなものですが。

まぁ、色々見せていただきましたが、どれも小学生のいじめよりひどい内容ですね。どれも証拠とは言えません。

真実の探求とおっしゃるなら、その発信元がどういうところなのか?信頼に足るところなのか?というのも吟味する必要があるのではないでしょうか?また、批判情報のみを扱うのではなく、様々な角度からものを見たほうがよいのではないでしょうか?先ず批判するよりも、もっと知ることからはじめるべきだと思います。
池田氏等には実際に会ってみても良いのでは?真摯なインタビューにはいつでも応じているみたいですし。

以上です。
2008-01-16 Wed 12:14 | URL | オン #-[ 編集]
なるほどオン様のご意見参考にさせて頂きます。
ただ池田氏の朝鮮人説については簡単な戸籍開示で全ての疑惑が晴れるのに「何故そうしないのか?」という疑惑は残ったままです。
また「韓日」という語句の使用も不自然かと思います。
そしてフランスのカルト(セクト)認定ですが、フランスが通常の仏教等をカルト認定したなんていう話は聞きませんので、もしマトモであるならば何故カルト認定されたかということを良く考えて見る必要があるのではないでしょうか。

また勲章の類をお金で買えないという話ですが、大学の博士号等は大学に対して多額の寄付を行えば貰えます。そして更に付け加えると審査の厳しいところであっても担当審査員に裏から賄賂を掴ませれば幾らでも可能です。
まあ全ての人が賄賂を受け取らないという世界ならならオン様のご意見が正しいのでしょうが、世の中そんなに甘くはありません(笑)

因みにインタビューしても舌先三寸で嘘を付かれては意味がありません。よって私としては検察権の無い一般市民である以上は一番の嫌疑である両親・本人の戸籍謄本の開示を要求したいですね。これを拒んでいる以上は限りなく黒に近いと書かれても当然ではないでしょうか?
2008-01-16 Wed 13:28 | URL | テスラの卵 #.1USobyg[ 編集]
戦時中日本が、中国、朝鮮半島に迷惑をかけて申し訳ない、との思いから「中日・韓日」という語句を使用しているという話ですが、私には何故そうなるのかが理解できませんね。それは謝罪ではなく従属しますという意味にとれますが。
従属と謝罪は全く別物です。漢字を使用する日・中・韓では自国の漢字を前にするのが当たり前であり、全く普通のことなのです。もしそれを逆にすれば、それは謝罪等ではなく、相手の属国であると認めることになります。
謝罪とは行った罪に対して謝ることであり、主権の放棄や属国の容認が謝罪ではありませんので、その点を重々お間違いなきようにお願いいたします。

リチャード・コシミズ氏の会社等々に関しては私は存じませんのでコメントしようがありませんが、冷戦構造の基本である共産主義と資本主義の対立自体がユダヤ金融グループの両頭戦略であるという資料・見解・研究は多数の研究家により言及されており、別段リチャード・コシミズ氏が私怨で急遽捏造したものではないということはだけは明らかですので、ここに言明しておきます。

またリチャード・コシミズ氏の行動ははっきり言って彼自身や彼の会社には全然利益をもたらさず、かえって不利益をもたらしていると思われます。そして「自分の敵はみんなつながっていることにして、いっぺんに叩いてしまおうという魂胆が丸見えです」というご意見ですが。彼が敵を叩いて大金が転がり込むのでしょうか?はっきり言って私も創価学会やユダヤ金融グループを叩いたところで大金が転がり込むこむ訳ではありません。

リチャード・コシミズ氏も多分そうだと思いますが、私がこういう何の特にもならないブログを書いているのは、騙されてきたことへの憤慨と、何とかしなければいけないという使命感に支えられているのです。

最後にもし創価学会がマトモであるならば、何故沢山の被害者がいるのでしょうか?何故救う会などがあるのでしょうか?それが全部やらせですか?陰謀ですか?まずそういう被害者の会や被害者自身にオン様ご自身がインタビューして真実を聞いてみてはいかがでしょうか<(_ _)>

2008-01-16 Wed 14:07 | URL | テスラの卵 #.1USobyg[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。