真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

加古川市は犯罪公務員を懲戒免職&刑事告発せよ!

引用:毎日jp

生活保護:加古川市が勝手に取り下げ書 不支給決める
 兵庫県加古川市が今年4月、病気で働けなくなった30代男性の生活保護申請について、男性名義の取り下げ書を勝手に行使し、不支給決定をしていたことが分かった。男性は、申請を取り下げるための書類であることを理解しないまま職員の指示で住所・氏名を書き、取り下げ理由欄には職員が「自分でがんばります」と書き込んでいた。市側は不服申し立てを受けて男性に謝罪。8月から給付を始めている。   

 加古川市によると、男性は4月5日に心筋こうそくで入院。妻が市に生活保護を申請した。しかし同月下旬、市職員が、退院して自宅療養中だった男性を訪ね、労働は可能として「保護は給付できない」と通告。持参した申請取り下げ書に住所・氏名の記入となつ印をさせた。

 職員はほかの欄は空白のまま持ち帰り、申請日を「平成19年4月9日」、取り下げ理由を「しばらく自分でがんばります」と無断で埋めた。市はこの文書に基づき不支給を決定。男性は文書について「給付できないと聞かされたので、不支給通知を受けたことを確認する文書だと思った」と話している。

 男性は5月、保護を再申請したが却下され、生活困窮者支援の市民団体「神戸の冬を支える会」や弁護士に相談し7月、県に不服申し立てを行なった。すると市は翌月、県の裁決をまたずに不支給処分を撤回、生活保護を開始した。市は「当初、就労可能との医師の意見で不支給処分にした。調査不足だった」と男性に謝罪した。

 男性は毎日新聞の取材に「(取り下げ書に書かれた内容は)情報公開制度で入手した公文書を見て初めて知った。自分が話してもいないことが勝手に書かれており許せない」と憤った。高砂寿夫・同市生活福祉課長は「同意を得たつもりだった。今後は申請者の十分な理解を得られるよう、一層ていねいに説明する」と話している。

 取り下げ書は、受給資格がないことが判明した場合に申請者に提出させるが、保護支出を回避する手段として行政側に利用されるおそれがあるとも指摘されている。【鮎川耕史】



このような犯罪公務員を懲戒免職&刑事告発しないのは加古川市の職務怠慢である。
またこのような行政を野放しにしている、兵庫県民も電話・FAX・メールでクレームをドンドン出すべきである。こういうことを放置しているから公務員が付け上がるのである。

管理人的には国や地方自治体は国民を守るための相互互助組織であると考えている。つまり、元気な人が困っている人を助け、もし自分が困った立場になったら助けてもらおうという、極めてシンプルな考え方である。しかしこういう理念や制度が踏みにじられている今回のような事件に対しては厳罰をおもって対処すべきである。

また管理人的には末端の一職員の犯行というよりも自治体内部の組織ぐるみの犯行を大いに疑っている。もし末端の一職員の犯行なら首切りや刑事告発しても自治体に不都合は無いはずだ。しかしそれをやらないのは、刑事告発した段階で元職員の口から組織ぐるみの犯行であったという事実が露呈するのを恐れているからだと考えられる。

我々国民はこのような組織犯罪を許しはならない!
これは加古川市民だけの問題に留まらないので皆さんも是非抗議していただきたい(ー_ー)!!

抗議用の加古川市のHPはこちら

加古川市の生活福祉課に抗議のメールを送るのはこちらから

公務員の個人責任を追及する法公務員の個人責任を追及する法
(2006/04)
矢野 輝雄

商品詳細を見る

お役所「犯罪」ランキング―あなたの町のお役人はこうして儲けるお役所「犯罪」ランキング―あなたの町のお役人はこうして儲ける
(1997/04)
不明

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:公務員を考える - ジャンル:政治・経済

未分類 | コメント:0 |
<<日本政府は家の「血統書」作りを応援せよ!  | HOME | 共産党議員と日銀総裁の呆れたコンニャク問答・・・OTL>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。