真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

北朝鮮だけではなかった!60年代末期、韓国政府は自国民を拉致していた

皆さんは「シルミド」という韓国映画をご存知だろうか?
これは事実をもとに製作されたもので、その内容は以下のようなものである。

1968年4月、31人の韓国人たちが無人島のシルミ島に送られ極秘の暗殺部隊684部隊が結成される。彼らの目的はただ一つ、当時の北朝鮮最高指導者・金日成の暗殺!だが政府の外交政策の転換で暗殺計画は中止。しかも政府はこの部隊の抹殺を軍に命じるのだった…。

2004年に公開された、この映画では集められたのは死刑囚ら31人の重犯罪者という設定になっていた。そして彼らは刑の帳消しと引き換えに暗殺部隊への入隊を承諾する。しかし現実は少し違うようなのだ。

この映画自体も衝撃的だが、今回紹介するドキュメンタリーの内容は映画以上に衝撃的だ。
なんと、この実在した暗殺部隊の隊員達は自国民を拉致して結成されたらしいのだ。
真実は皆さんの眼で確かめて欲しい
▼     ▼     ▼


理由が何であれ拉致は立派な犯罪です。
国家の気紛れで処刑された彼らに一人の男として哀悼の意を捧げたい(T_T)

シルミド/SILMIDOシルミド/SILMIDO
(2006/06/23)
ソル・ギョング、アン・ソンギ 他

商品詳細を見る
北朝鮮の最高指導者・金日成を暗殺するだけに結成された秘密部隊の始まりから、悲劇の結末までを描く問題作。


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:軍事・平和 - ジャンル:政治・経済

戦争 | コメント:0 |
<<ハンカチをご用意下さい。全俺が泣きました(T_T) | HOME | 脳内メーカーで巨悪、国際金融グループを討つ!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。