真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

改正入管難民法の真実を暴け!

改正入管難民法が20日に施行されるのを前に、法務省入国管理局は13日、成田空港で新システムを公開した。16歳以上の外国人を対象に、入国審査で指紋採取と顔写真の撮影を義務付けるものだ。ただし16歳以上の外国人でも(1)在日韓国・朝鮮人ら特別永住者(2)外交・公用での来日(3)国の招待者-などは対象外。

入管


まず問題点を要約してみよう

・日本人は対象外だが、出入国ゲートを早く通過したい人は任意で登録可能
「便利ですよ~」という悪魔の囁きに乗ってはならない。彼らの言葉の前には「国家が国民を管理監視するのに」という見えない言葉が付与されているのだ。

・システムの受託企業アクセンチュア社は悪名高き米国エンロンの残党企業

・情報管理システムが外国企業に握られるという危険性

アクセンチュア社は既に検察総合情報管理システムも受注し、法務省の入管と検察と登記、宮内庁の情報化統括責任者(CIO)補佐官業務、公正取引委員会、財務省にも入っており、食料・エネルギーに続き個人情報までもが外国に支配されている。

・開発企業であればシステムに対しての秘密裏の情報の収集・改竄が技術的に可能であるという戦慄の恐怖

これは由々しき事態ではないか?
これに対して敢然と反対を表明している議員がいる。
彼の名は社民党・衆議院議員 保坂展人氏だ。
俺は社民党好きじゃないけど、今回は加勢させてもらうよ(^_^)v

というわけで以上の詳細はこちらを見て欲しい、新システムが図入りで解説されている
▼     ▼     ▼
http://www.bund.org/interview/20060805-1.htm


監視社会を糾弾する熱い漢、保坂 展人(ほさか のぶと)議員のHPはこちら
▼     ▼     ▼
http://www.hosaka.gr.jp/


保坂 展人(ほさか のぶと)議員のWikiはこちら
▼     ▼     ▼
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E5%9D%82%E5%B1%95%E4%BA%BA


早わかり!図解&実例 よくわかる!「個人情報」と「個人認証」 (早わかり!図解&実例)早わかり!図解&実例 よくわかる!「個人情報」と「個人認証」 (早わかり!図解&実例)
(2004/12/01)
中野 裕二

商品詳細を見る
入門書にどうぞ!


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

監視社会 | コメント:0 |
<<貴方の善意が地球環境を破壊する?植林の真実とは・・・ | HOME | 僕たちをコカコーラーの魔の手から救ってくれる救世主降臨!その名は・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。