真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

エネルギー問題はこうやって解決していこう(^^♪

以前このブログで大手銀行や郵貯に資産を預けていると、知らず知らずにアメリカのインチキ戦争を助けているということを書いた。そしてその回避手段として全国の労働金庫や信用金庫に資産を移動させよう!ということを提言しました。

なぜ大手銀行や郵貯に資産を預けるとアメリカの戦争加担になるかはこちら
▼     ▼     ▼
http://sinnjitu369.blog101.fc2.com/blog-entry-5.html

ところが本当のところ非営利の銀行というのは他にもあるんですよね(^_^;)
じゃあなんでブログで書かなかったかというと、労働金庫や信用金庫以外の非営利の銀行というのは、預金を任意の日時に手軽に引き出せないようなシステムになっているからなんです。これは感覚的に言うと定期貯金やファンドへの投資に近い感覚になってしまい、通常の銀行サービスを期待する一般人には少々敷居が高いなという思いから紹介しなかったんです。

で、本日はそんな非営利の銀行の一つ「未来バンク事業組合」と、その理事長をされている田中優氏を大々的にご紹介!・・・ということではありません(^_^;)

未来バンク事業組合について興味をお持ちの方はこちら
▼     ▼     ▼
http://homepage3.nifty.com/miraibank/

実はこの田中優氏、以前にもこのブログのユーカリ植林による矛盾で密かに紹介しているんですが(笑)今回はこのブログのタイトルにもある通り、エネルギー問題の解決法です。
ようするに自然エネルギーと高効率のキャパシタを組み合わせればOK!ということです。

10分で理解できるダイジェスト版
▼     ▼     ▼


動画に出てくるキャパシタ(コンデンサー)
産業界では電気二重層キャパシタといわれるもので、詳細はこちら
▼     ▼     ▼
http://ecass-forum.org/jpn/admission/adlc.html

電気二重層キャパシタと蓄電システム電気二重層キャパシタと蓄電システム
(2005/09)
岡村 廸夫

商品詳細を見る
専門書ですが原理的には単純なんで理系以外の人でもチャレンジされてはいかががだろうか(^_^;)


マルチにご活躍されている田中優氏のブログ「田中優の'持続する志' 」はこちら(^^♪
▼     ▼     ▼
http://tanakayu.blogspot.com/index.html

ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

地球温暖化 | コメント:0 |
<<ダムはやっぱりムダだったのね・・・OTL | HOME | オウムの悪夢再来か?外国人参政権が認められると、その先には・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。