真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

経皮毒の恐怖、自分の身は自分で守ろう

経皮毒?って言われても・・・という人も多いと思う。
簡単にいうと合成洗剤シャンプー等に含まれる化学物質合成界面活性剤等が皮膚から吸収されて体内で毒性を発揮するということだ。

これら危険成分は日常品と化している商品に含まれているので、ある意味劣化ウラン弾なんかよりも恐ろしい(>_<)

更に化学物質は環境ホルモンの働きもする。そして合成界面活性剤は下水に入った後、海に流れ着いて生態濃縮という形で皆が食べる魚の体内に蓄積されていくんだ。しかも何千倍にも濃縮されて・・・

高いお金を出して食器洗い機を買って、
合成洗剤で海を汚し、
そして自分が垂れ流した毒で汚染された魚をありがたがって食べ、
挙句の果てにはアレルギーや病気のオンパレード・・・

シャークスピアは「悲劇も極まれば喜劇になる」と記したけど、
本当に笑えない喜劇だ。

因みに管理人はアレルギーになってから食器を洗うときは極力お湯と金タワシを併用して石鹸さえ使わないようにしている。

管理人の母親もそうなんだが、どうも女性はこうゆう家事をくだらない卑しい仕事だと思い込んでいるようだが、これほど環境や人命を守る尊い仕事は無いという自覚を持って行ってほしいものだ。断っておくが管理人は男性だが小学生のときから食器洗いを手伝っていたし、今でも自分の食器は自分で洗っているよ(^_^;)

経皮毒の危険性を伝えるTV報道
▼     ▼     ▼


図解 経皮毒デトックス図解 経皮毒デトックス
(2006/08/01)
稲津 教久、池川 明 他

商品詳細を見る

「経皮毒」がまるごとわかる本 (知的生きかた文庫)「経皮毒」がまるごとわかる本 (知的生きかた文庫)
(2005/12)
竹内 久米司、稲津 教久 他

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:コレ知ってる? - ジャンル:ライフ

未分類 | コメント:0 |
<<民法TVで911の疑問を問いかけるベンジャミン・フルフォード氏 | HOME | 圧力団体ADLの起源はマフィア>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。