真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

金・白金(プラチナ)で来るべき金融危機に備えよう

金塊

金融危機だあ?株や国債も持って無い貧乏人には関係ねーよ(--〆)
もしかしたら貴方はそう考えていませんか。でももし貴方がコツコツ貯めたなけなしの現まで紙切れに変わったら貴方はどうしますか?

もし貴方が田舎に住んでおられ、尚且つ兼業農家や農家を営んでおられれば影響は薄いかもしれません。なぜなら取り合えず当面の食料には困らないからです(笑)

でも国民の大多数は兼業農家や農家ではありませんし、大部分の人口が都市部に集中しています。更に深刻なのはわが国の食料自給率が40%を切っているということなんです。もし仮に金融危機が起こって海外からの食料輸入が困難になれば一体どうなると思いますか?

自給率100%ならそれほど恐れることはないかもしれません。しかし40%ということは単純計算で食料の値段が2.5倍に跳ね上がることを意味します。また輸入依存度が100%近い小麦等に至っては想像するのも恐ろしいですね(^_^;)

そしてこれは食料ばかりではなく、輸入に頼るエネルギー(石油・石炭・ガス・ウラン)も同じです。つまり世界規模の金融危機世界大恐慌・基軸通貨ドルの崩壊・日本国の国家破産)が発生すると我々は否応無しにハイパーインフレに襲われるということなんです。

ハイパーインフレに見舞われた第一次世界大戦直後のドイツではコーヒー一杯を飲むのにカバン一杯分のお札が必要でだったそうです。しかもそのコーヒー一杯を飲んでいる短時間に値段がカバン二つ分に値上がりしていたというトンデモナイ逸話があります。

昔は資産三分割といって、現・土地・株券に分散しておくのが一般的でした。
でもこの常識はもはや通用しません。ハイパーインフレになれば現金の価値は急速に目減りします。庶民の保有する土地は殆どが自宅用地なので転売や活用が困難です。金融危機になれば株も暴落しますから株券も紙切れになる可能性があります。

では我々の大切な資産を保全するにはどうすれば良いのでしょうか?
それは人間にとって必要な現物をキープしておくことです。
つまり食料・エネルギー・貴金属です。

では何故管理人はこの内の貴金属(金・プラチナ)を推奨するのかといえば、個人で食料・エネルギーを保存しておくのが非常に困難だからです。食料やエネルギーは適切な備蓄設備が無ければかえって非効率です。

その点貴金属(金・プラチナ)は重量に対する価値が非常に高く、経年劣化しません。また特に金・プラチナは既にその役目を終えたダイヤモンドとは違い希少価値と工業品的価値があり、現在のエレクトロニクス産業には必需品です。つまり食料・エネルギーと同じく旺盛な需要があるわけです。

全国区レベルで貴金属(金・プラチナ)の販売・買取を行っている信頼の置ける企業は下記二社です。間違っても先物会社で購入しないように(^_^;)

・田中貴金属工業←実店舗があり小額の現物引渡しが可能なのが魅力
http://gold.tanaka.co.jp/index.php

・三菱商事←ネームバリューは抜群だが現物引渡し単位が大きいのでお金持ち向きかも(汗)
http://www.gold.mitsubishi.co.jp/

ここで断っておきますが、管理人は自ら考えうる金融危機への個人的対処法を語っているのであり、今すぐ全資産を金・プラチナに変換しろと皆様を扇動する気は毛頭ありません。当ブログで再三述べているように政府通貨による国家財政の建て直しと、それに伴う内需拡大、食料自給率の向上、新エネルギー開発などが順調に進めば国家破産は回避できますし、例え世界大恐慌・基軸通貨ドルの崩壊等が起こっても被害を最小限に食いとどめることが可能かと考えております。

政府通貨に関して知らない方はこちらを参照願います
▼     ▼     ▼
http://sinnjitu369.blog101.fc2.com/blog-entry-64.html

最後にもし皆様が金・プラチナ等を購入する場合はキチンとお手元で現物を保管するか、銀行の貸し金庫に入れることをオススメ致します。有名販売会社の特定保管システムが詐欺だと言うつもりはありません。ですが既存銀行の発祥が貴金属の預託保管に端を発することを考えると、イザ引き出そうとした場合現物が供給出来ないという自体も十分考えられます。

どうして現物が供給出来ないんだ?という方はこちらの動画をご覧下さい。
貴金属の預託保管が悪用され、偽ユダヤ人たちが牛耳る国際金融グループ(ロスチャイルド財閥・ロックフェラー財閥)発生に至った経緯が詳細に述べられております。
▼     ▼     ▼


動画の日本語字幕は反ロス同盟さん作成です
公式HPには膨大な資料がありますので是非お立ち寄りを
▼     ▼     ▼
http://www.anti-rothschild.net/index.html

いまなぜ金復活なのか―やがてドルも円も紙屑になるいまなぜ金復活なのか―やがてドルも円も紙屑になる
(2006/10)
フェルディナント リップス

商品詳細を見る
ロスチャイルドの元金庫番が執筆

日経新聞を死ぬまで読んでも解らない金の値段の裏のウラ日経新聞を死ぬまで読んでも解らない金の値段の裏のウラ
(2007/11/20)
鬼塚 英昭

商品詳細を見る
「天皇のロザリオ」で有名な鬼塚氏の執筆(^^♪


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済

金融 | コメント:0 |
<<元イタリア大統領が911は米国の自作自演だと新聞で指摘 | HOME | ケミカルクッキング、僕らは人間モルモットだったんだね・・・OTL>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。