真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

肉食とファーストフードが世界を滅ぼす

みんなー!誰が言ったか知らないけどこんな言葉を知ってるかい?
▼           ▼          ▼
人は肉を食べると憎憎(ニクニク)しくなり、野菜を食べると優(ヤサ)しくなる

うーん、真理だ・・・

え?「肉食って何が悪いんだよ!お前に迷惑かけてね~からいいだろ」という非難の声が一斉に聞こえてきそうだが、本当にそうなのかな?みんなも世界の人口が急上昇してるのは知ってるよね。そして今まで貧しかった新興工業国(特に中国)で急速に肉食(特に牛肉)が増大しているのをご存知だろうか?

通常牛の餌は牧草なんだけど、牧草だけで育った牛の肉はとっても硬いんだ。で人間は色々考えた訳よ。どうすれば脂肪たっぷりの柔らかいお肉が食べられるか。結論はこうだ。本来人間の食用に供されるような「大豆」や「とうもろこし」を食べさせようと・・・。

その結果どうなったかというと、ソ連や日本の畜産家達は安いアメリカ産の「大豆」や「とうもろこし」を輸入して牛に与えだしたんだ。
えー!何が悪いの・・・別にいいじゃん。そう確かにアメリカの農家が豊作でジャンジャン安い値段で輸出してくれれば何も問題はないよね。でももし異常気象でアメリカの穀物生産量が激減すると一体どうなると思う?アメリカが自国民を犠牲にしてまで穀物を輸出してくれると思うかい?仮に輸出してくれても今までの何倍もの値段で買わされるよね。

つまり我々は世界最大の農産物輸出国であるアメリカに食料の首根っこを握られてるんだよ。これはお肉だけじゃなくてパン用の小麦なんかもそうだ。怖いと思わないかい?だってこれは言葉を変えれば「日本殺すに原爆要らぬ、食料売らなきゃ飢え死によ」ってことなんだ・・・OTL

そしてアメリカの穀物を牛耳ってる穀物メジャーが「カーギル社」なんだ。この会社は20世紀に資産が6000倍にもなった。その成長を支えたのは先進国の肉食化が大きな要因なんだ。戦後の日本が魚から肉に食事を変化させて穀物消費(飼料用食物需要)を大きくさせたのは、カーギル社の一大キャンペーンがあったからなんだよ。

この経緯を詳しく知りたい人は下の動画を見てね
▼        ▼       ▼


え?でも肉食の弊害がイマイチ良く判らないって。まず世界的なエコでいうと、世界の人口が100億人になったとしても全人類が穀物菜食(ベジタリアン)にチェンジすれば、食糧危機は起きないってことなんだ。これは簡単に言うと牛一頭育てるに必要な穀物をそのまま人間の食料に回せば、何倍もの人間を養えるんだよ。オマケに最近話題の地球温暖化の一因に畜産牛の出す大量のゲップが関連してるという笑えない話もあるしね(^_^;)

実は穀物菜食(ベジタリアン)は頭にも優しかったりします
▼        ▼       ▼
偉人・天才たちの食卓―ピタゴラスからヒトラー、宮沢賢治、マドンナまで、みんなベジタリアンだった偉人・天才たちの食卓―ピタゴラスからヒトラー、宮沢賢治、マドンナまで、みんなベジタリアンだった
(1991/08)
佐伯 マオ

商品詳細を見る


そしてお次は表題にも掲げたファーストフードだ。加工された牛肉ファーストフードで大量に消費されてる。
そう、みんな大好き「マクドナルド」だ(^^♪
しかしこのお手軽肉食の旗手であるファーストフードが曲者なんだよ。ファーストフードで供される食品、特にハンバーガーやフライドポテトには大量の糖分や油が使用されてるんだ。そして味の素の名前で知られるグルタミン酸ナトリウムもミラクルスパイスという呼び名でたっぷりと添加されているそうです(^_^;)

マクドナルドの秘密のレシピを確認したい人はこちら
▼      ▼      ▼
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060418_mcdonalds_recipe/


グルタミン酸ナトリウムの危険性を確認したい人はこちら
▼      ▼      ▼
http://www.asyura2.com/syokuhin.htm


このようなトンデモ肉食、マクドナルドを継続して摂取すると一体人間はどういう結末を迎えるのか?答えが知りたい人はこちらを視聴しよう(>_<)
1/5以降の動画を見たい人は再生画面に移動後、登録タグ上にあるmylistをクリックして続きを探そう
▼      ▼      ▼


Google VideoにもUPされてたんだが、何故か1/5が消えていた・・・OTL

参考書籍はこちら!
▼      ▼
ファストフードが世界を食いつくすファストフードが世界を食いつくす
(2001/08)
エリック シュローサー

商品詳細を見る

ファストフードと狂牛病ファストフードと狂牛病
(2002/10)
エリック シュローサー

商品詳細を見る

おいしいハンバーガーのこわい話おいしいハンバーガーのこわい話
(2007/04/24)
エリック シュローサー

商品詳細を見る

食べるな危険!!ファストフードがあなたをスーパーサイズ化する食べるな危険!!ファストフードがあなたをスーパーサイズ化する
(2005/07/01)
モーガン・スパーロック、伊藤 真 他

商品詳細を見る


追記
戦前日本最高の宗教家といわれた出口王仁三郎の肉食に対するコメントはこちら

「みろくの世」―出口王仁三郎の世界「みろくの世」―出口王仁三郎の世界
(2005/08)
上田 正昭

商品詳細を見る
晩年には来るべき弥勒の世では、既存宗教さえ必要ないということを、ある人物に語っていた大人物。

神秘家列伝 (其ノ3) (角川ソフィア文庫―Kwai books)神秘家列伝 (其ノ3) (角川ソフィア文庫―Kwai books)
(2005/01)
水木 しげる

商品詳細を見る
早い、安い、美味い(?)で出口王仁三郎を知りたい方はこちら(^^♪


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

スポンサーサイト

テーマ:食糧政策 - ジャンル:政治・経済

食料 | コメント:0 |
<<アメリカを侵食するユダヤ教徒の本性・・・そして神以上の力の源泉とは何か? | HOME | アメリカ政府と世界を救う白馬の騎士>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。