真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

真実を探求する超硬派な書店と雑誌を見つけたぞ(^^♪

いやー今まで勉強不足で知らんかったけど、世の中には細々とだけど、真実を報道するために奮戦している書店さんや雑誌があるようだ。

書店の名前は「木村書店」そしてそこで取り扱っている雑誌の名前は「真相の深層」だ。
木村書店さんの取り扱い書籍はそんなに多くはないけど、どれも真実に迫ろうという意気込みを感じさせるものばかりだ。特に木村書店さんが発行している「ヒトラー・ホロコースト神話検証」は必読だと思うぞ。そして忘れてはいけないのが季刊で発行されている「真相の深層」だ。

この「真相の深層」、最新号の目次からして興味深々にさせてくれる。少し抜粋すると「J・ペトラスが徹底的に暴く:ノーム・チョムスキーの詐欺ペテン」、「ユダヤ人学者が中世ユダヤ人による殺人儀式を実証した『血の過越祭』完全英訳がウエッブに登場」、「シオニスト「言論支配者」によるカトリック潰し策謀」等が並んでいる。

因みに「真相の深層」で海外ソースを翻訳されている童子丸開氏は掲示板「阿修羅」にて「バルセロナより愛をこめて」の名前で投稿されているのでご存知の方もいるかもしれませんね。
童子丸開氏の911本「WTCビル崩壊の徹底究明」はリチャード・コシミズ氏のように突飛な理論は出てこないが、事実を淡々と積み上げて虚構を暴いていく手法はジャーナリズムの基本なので、これからも大いに活躍していただきたいものである。

というわけなんで、あまり表に出てこないこういう雑誌から貴重な海外情報を仕入れよう。皆さんもご承知のように海外も国内も殆どのマスコミが国際金融グループ達(ロスチャイルド財閥・ロックフェラー財閥)によって資本面で牛耳られ、一部の人間にだけ都合の良い巧妙な広告塔に成り下がっている。幾ら優秀な人間でも虚偽の情報だけから真実を構築するのは不可能だ。それに「真相の深層」は値段も良心的なので、ハリウッド製の巧妙なプロパガンダ映画にお金を払うぐらいなら、是非こういう雑誌や書籍に投資してほしい。

超硬派な「木村書店」さんはこちら(真相の深層はサイト内にあります)

9・11/イラク戦争コード―アメリカ政府の情報操作と謀略を解読する9・11/イラク戦争コード―アメリカ政府の情報操作と謀略を解読する
(2006/12)
木村 愛二

商品詳細を見る
木村書店の木村愛二さんの著作(^_^)/

アウシュヴィッツの争点 (Pol〓mica)アウシュヴィッツの争点 (Pol〓mica)
(1995/06)
木村 愛二

商品詳細を見る
木村書店の木村愛二さんの著作(^_^)/


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

未分類 | コメント:2 |
<<米国金融機関が後押しするアメリカ国債先物の真意とは? | HOME | HAARP基地の衛星写真はこれみたいです(^_^;)>>

この記事のコメント

木村愛二さんの名前は、ネットで何度も見たことがありましたが、単なるH/Nだと思っていて、ペンネームだとは知りませんでした。
「真相の深層」、興味あります。購読検討してみます。
2007-12-24 Mon 15:51 | URL | sean007a #oTkGeiGQ[ 編集]
いつもコメントありがとうございます。
童子丸開氏は真実や真相が広まれば嘘は自滅するだろうという主旨の発言をされています。
真実や真相には右も左も、宗教も、人種も関係ありません、皆で探求していきましょう。
2007-12-24 Mon 21:15 | URL | テスラの卵(管理人) #.1USobyg[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。