真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

米国金融機関が後押しするアメリカ国債先物の真意とは?

もしかすると国際金融グループ(ロスチャイルド財閥・ロックフェラー財閥)の息の掛かったアメリカの銀行家達がこぞってよからぬことを考えているかもしれない。まずは本日ロイター日本語版で掲載された記事を読んでほしい。

引用:ロイター

米バンカメなど12の金融機関、先物取引所新設を計画
2007年 12月 24日 15:30
 [ニューヨーク 21日 ロイター] バンク・オブ・アメリカ(BAC.N: 株価, 企業情報, レポート)、JPモルガン(JPM.N: 株価, 企業情報, レポート)、メリルリンチ(MER.N: 株価, 企業情報, レポート)、シカゴのヘッジファンド会社シタデル・インベストメント・グループなど12の金融機関が先物取引所新設を計画している。広報担当が発表した。

 計画にはほかに、クレディ・スイス(CS.N: 株価, 企業情報, レポート)、バークレイズ(BARC.L: 株価, 企業情報, レポート)傘下のバークレイズ・キャピタル、シティグループ(C.N: 株価, 企業情報, レポート)、ドイツ銀行(DBKGn.DE: 株価, 企業情報, レポート)、eスピード(ESPD.O: 株価, 企業情報, レポート)、GETCO、PEAK6、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS.L: 株価, 企業情報, レポート)も参加するという。

 広報担当は、この取引所がCMEグループ(CME.N: 株価, 企業情報, レポート)が運営するシカゴ・マーカンタイル取引所と競合するのかについては言及を控えた。

 CMEは世界最大の先物取引所で、CBOTホールディングス買収後、米先物先物オプションの取引高の85%超を取り扱っている。

 広報担当によると、新取引所は来年早期に第1弾として米国債先物の取引を開始する。暫定の最高経営責任者(CEO)にはeスピードのポール・サルツマン最高執行責任者(COO)が就任する。



ここで重要なのは一番下に書かれた「新取引所は来年早期に第1弾として米国債先物の取引を開始する」という一文だ。これがどういうことかお分かりだろうか?現在の市場経済においては指標となる先物価格が現物価格を決定する。判りやすい例として原油の値段を例にあげよう。現在原油の高騰が叫ばれているが、現実的には世界の原油の供給量は完全とは言わないまでも需要をみたしているといわれている。ではどうして原油の値段がこんなに上がっているんだということだが、これは世界中の原油の値段がニューヨークに開設されている先物相場を指標にしているからだ。つまり実態ではなく思惑だけで値段が激変する先物の値段が現物の値段を支配してるんだ。これってなんだか変だよね?でも現在のシステムはこれで回ってるんだ。

このようなシステムが悪用されるとどうなるのだろうか?まず911事件やイラク戦争で石油利権を手に入れた黒幕たちは、もちろん自作自演だったので早い時期から原油先物相場を買いあさっていた可能性がある。これはもちろんインサイダー取引だが、証拠が無ければ摘発できない。おまけに自分たちが直接買っていたのでは後々丸分かりだから、アラブの王族やファンドを仲介して買ったりするわけだ。こうすればインサイダー実行者は法の網が掛からない遠い海外にいるわけだし、当事者達が口を割らない限りインサイダーの立証は極めて困難だ。

では問題の米国債だが、これも原油の先物相場のように吊り上げることが目的なのだろうか?でもよく考えてほしい、現在米国債を大量に購入しているのは、もちろん我が日本国だ。もし原油のように価格を暴騰させればそれは日本にとってはプラスに働くが、アメリカアメリカの銀行家たちにとってそれほどプラスになるとは考えにくい。ではどういうシナリオが考えられるだろうか?相場というのは結局上がるか下がるしかない。ということは米国債を感服無きまでに暴落させるというシナリオが浮かび上がってくる。

米国債が暴落するとどうなるのだろうか?まず直接的には日本が保有する償還前の米国債の価値が極端に目減りする。これでは日本政府が方針転換して保有する米国債を売却しようにも中々できない事態になってしまう。加えて米国債が暴落するということは、基軸通貨ドルの暴落も引き起こす。ドルが暴落すると必然的に他の主要通貨(ユーロ・円)が暴騰する。極端な円高・ドル安が襲来すれば輸出に依存する日本企業は大打撃を被るだろう。またドル暴落に連動する形でアメリカの証券市場も暴落し、アメリカに連動した東京証券市場も暴落する。

え?でもアメリカ国債の引き受け手はFRBやアメリカの銀行も入ってるわけだから、幾らなんでもそんな無茶はしないいんじゃないの?という声が聞こえてきそうだが、恐らく暴落させる前から先物相場を通じて膨大な売り建を行ってくるはずだ。建前上は自分たちの保有する米国債に対するリスクヘッジの名目で行われるのであろうが、上記のような日本壊滅シナリオが既に出来上がっているのならこれは茶番としかいいようがない。

最後に日本国民として日本政府に警告しておこう。
もし米国債先物が上場されたら 即刻現在保有する米国債を引き当てとして満額の売り建てポジションを作るんだ!
そうすれば暴落しても日本国民の資産を守ることができる。
よしんば暴騰しても日本は引き当てとする現物の米国債を持っているんだから、売り建てたときの設定値段で米国債を引き渡してやればいい。そのほうが将来崩壊するかもしれない米国債をこのまま長期保有するよりはよっぽどましだ。


誰でもいいから日本の政治家や官僚にこのことを伝えてほしい・・・OTL
※無断転載・借用大歓迎!

国債の歴史―金利に凝縮された過去と未来国債の歴史―金利に凝縮された過去と未来
(2006/06)
富田 俊基

商品詳細を見る

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
(1990/05)
ジョン J.マーフィー

商品詳細を見る

たかが10円されど10円、驚異の勝率で市場を出し抜く!日経225、10円抜きDVDたかが10円されど10円、驚異の勝率で市場を出し抜く!日経225、10円抜きDVD
(2006/11/07)
小嶋二郎

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:本日のニュースより - ジャンル:政治・経済

金融 | コメント:0 |
<<中国は現代のナチスだ! | HOME | 真実を探求する超硬派な書店と雑誌を見つけたぞ(^^♪>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。