真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ノーム・チョムスキーは本当に真実を探求する者なのか?

皆さんはノーム・チョムスキー(Noam Chomsky)氏なる人物をご存知だろうか?
彼は米国在住のユダヤ人で、有名なMIT(マサチューセッツ工科大学)の教授でもある。
そして「合意の捏造」という書籍を書き、既存メディア国家エリート層に統制されているとしてアメリカ国民に警告している。

ノーム・チョムスキー氏のWikiはこちら

ただしこの前紹介した木村書店の発行の季刊誌「真相の深層」最新号では「J・ペトラスが徹底的に暴く:ノーム・チョムスキーの詐欺ペテン」という目次が踊っていた。
果たして真実はどうなのだろうか?

ここで一つ参考になる映画を見て頂きたい。
「チョムスキーとメディア-マニュファクチャリング・コンセント」という長編ドキュメンタリー映画だ。

チョムスキーとメディア 1/14
▼     ▼     ▼


チョムスキーとメディア  2/14
チョムスキーとメディア  3/14
チョムスキーとメディア  4/14
チョムスキーとメディア  5/14
チョムスキーとメディア  6/14
チョムスキーとメディア  7/14
チョムスキーとメディア  8/14
チョムスキーとメディア  9/14
チョムスキーとメディア 10/14
チョムスキーとメディア 11/14
チョムスキーとメディア 12/14
チョムスキーとメディア 13/14
チョムスキーとメディア 14/14

私がこの映画を見終わった瞬間に感じたことは、以前当ブログで取り上げた、映画「ロード・オブ・ウォー」と構図が大変似ているということだ。

映画「ロード・オブ・ウォー」は巧妙なプロパガンダ映画である、はこちら

特に一番気になった点を上げてみよう。まずこの映画の中で、チョムスキー氏はナチス強制収容所にガス室は無かったという研究論文を発表したフランスのフォリソン氏に対して、言論の自由という観点から擁護している。これは既存メディアが国家エリート層に統制されていると主張する者としては当然であろう。その行為は至って健全だと思う。

しかし映画の中でチョムスキー氏は「ナチの虐殺があったかどうか、その議論に加わること自体が人間性を失うことである」と述べている。これでは全くのセンチな感情論ではないか。
チョムスキー氏は映画の中でこうも述べている「謙遜しても仕方ない。私は一定の仕事をうまくやれる。分析ができるし、調査や研究の能もあると思う。やりかたは心得ている。世界の仕組みも理解しているつもりです」

では何故ガス室を否定したフォリソン氏の研究に対して正面から向き合い、チョムスキー氏お得意の分析・調査・研究をしないのであろうか?それは学者としての職務放棄ではないのか?
またチョムスキー氏の主たる標的はメディアとそれを統制する国家エリート層のようだが「世界の仕組みも理解しているつもりです」と述べるほどの人物であるのならば、メディアとエリート達の裏には必ず資金源があり、それは他ならぬ国際的な銀行家たちであるという答えに行く着くはずなのだが?


最終的な標的を国家に据え、それ以上の本質は追求しないという姿勢はまるで映画「ロード・オブ・ウォー」のようではないだろうか?

学者やジャーナリズムにまず必要なのは真実であって感情論ではない。もし提示された問題に対して疑問点があれば、それは分析・調査・研究されるべきであろう。

「真相の深層」最新号に掲載されている「J・ペトラスが徹底的に暴く:ノーム・チョムスキーの詐欺ペテン」については入手次第、感想を述べたいと思う。

メディア・コントロール―正義なき民主主義と国際社会 (集英社新書)メディア・コントロール―正義なき民主主義と国際社会 (集英社新書)
(2003/04)
ノーム チョムスキー

商品詳細を見る

金儲けがすべてでいいのか金儲けがすべてでいいのか
(2002/09/27)
ノーム チョムスキー

商品詳細を見る
国際金融グループにまで切り込める勇気があれば尚宜しいのですがね・・・


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

監視社会 | コメント:0 |
<<憲法九条の問題は第三の選択も考慮せよ! | HOME | 中国は現代のナチスだ!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。