真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

クリスマスとお正月の合間に「もったいない精神」を思い出そう・・・

まず以下のNEWSをごらん頂きたい。

引用:Australia NEWS

いらないクリスマスプレゼント、総額10億ドル近くに上る
12月26日 00:01 [ 一般 | ビジネス ]

【シドニー26日AAP】オンラインのオークションサイト、eBayの委託によりギャラクシーが行った調査結果によれば、オーストラリア国民の3分の2が、いらないクリスマスプレゼントを少なくとも1つはもらったと回答している。

同調査では、今年のクリスマスに受け取ったいらないプレゼントの総額は、昨年より3500万ドル増の9億8500万ドルと推測されている。欲しくないプレ ゼントをくれた人で最も多かったのは義理の母と職場の同僚。若い世代の方がこの影響は大きく、18~34歳の4分の3が、いらないクリスマスプレゼントを もらったと回答したのに対し、45~64歳ではその割合は2分の1となっている。

いらないプレゼントとして最も頻繁にあげられるものは、香り付きのロウソク、奇抜なデザインのネクタイ、フットスパ。また、10人に1人は靴下や下着をプレ ゼントにもらったと回答している。これらのいらないプレゼントの半分近くが戸棚の奥に置かれたまま埃をかぶることになり、またかなりの数が商品交換のため に返品されるという。(AAP)



皆さんもこういう経験ありませんか?
なんとも「もったいない」ことです(>_<)
確かにクリスマスというお祭りは経済を活性化される。でもそれが資源やエネルギーの浪費でしかないのなら、我々はこれを見直す必要があるだろう。

但し管理人はお祭りを止めろといってるのではない。ただもっと全体に役立つお祭りにすれば良いと考えているのだ。方法は色々ある。プレゼントは商品ではなく図書券や百貨店の商品券でわたすというやり方だ。こうすればプレゼントをもらった本人は自分の好きなものが買え、商品が死蔵されることもない。でも本質的なことを言わせてもらえば、もっと相互扶助の精神を生かしてほしいと思う。
どんなに愛がこもっていても、使われることのない商品は全く哀れだ・・・OTL

管理人も昔からプレゼントを貰うのが大変嫌いだった。それは自分が欲しいものを貰ったためしがないからだ。だから他人へのプレゼントは現金か商品券だ。素っ気ないかもしれないけど、環境には一番やさしいとは思わないかい?

もったいないもったいない
(2005/06/02)
プラネット・リンク

商品詳細を見る

モッタイナイで地球は緑になるモッタイナイで地球は緑になる
(2005/06)
ワンガリ マータイ

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:思うのは私だけ? - ジャンル:政治・経済

未分類 | コメント:0 |
<<ブッシュ家とナチスの結託が政府公文書で確証されていたいようだ | HOME | 憲法九条の問題は第三の選択も考慮せよ!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。