真実の探求

一部の特権階級(国際金融グループ)とその代理人と化した政治家達の詐欺的手法を暴き、真実を白日の下に晒すべく活動中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ブッシュ家とナチスの結託が政府公文書で確証されていたいようだ

さて、世界中から「911は自作自演だ!」という声がアメリカのブッシュ大統領に投げかけられているが、彼のお爺さんつまり祖父にあたるプレスコット・ブッシュ(Prescott Sheldon Bush)が、ナチスと結託していたことをご存知だろうか?
これは憶測や与太話じゃなくてアメリカ政府の公文書で確認されてるんだ。じゃあ何故皆知らないんだろうか?それは事件発覚当時からアメリカの大手メディアが一切報道しないからだ。これは情報統制そのものだ。前々回にノーム・チョムスキー氏が既存メディアはエリート達によって情報統制されているという告発活動を行っていることについて書いたが、まさにそれを証明するかのような事態なのである。しかもこれは第二次大戦当時から現在まで一環して行われているのだ。

アメリカの大手メディアが報道しなければ、勿論日本の大手メディアも報道しない。よって長らく僕らの耳にも入らなかったというわけだ。まさに真実に対する黙殺である。ここで状況を平易にするために配置図で表してみよう。

  【アメリカのブッシュ家】               【ナチス第三帝国】
                                  
300万ドルのナチス隠し財源⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔⇔ヒトラーに
アウシュヴィッツ強制収容所の収益            財政支援
 ▼   ▼   ▼                     ▲   ▲   ▲
「ユニオン銀行株式会社」(UBC)⇔資金提携⇔ドイツの鉄鋼石炭王フリッツ・ティッセン
ロウランド・ハリマン(会長)
プレスコット・ブッシュ(社長)連邦上院議員
  ▼
元大統領パパブッシュ
  ▼
現職大統領ジョージ・W・ブッシュ


つまりアメリカという国はナチスを影から支えてきた一族が二代も大統領を勤めているという、トンデモ国家だったというわけだ・・・OTL

だがここでちょっと考察してみよう。もし本当にノーム・チョムスキー氏が訴えるようにメディアが国家のエリート達に統制されているのであれば、どうしてプレスコット・ブッシュは最初の事件発覚以降、大手メディアを黙らせることが出来たのだろうか?一般的な事件発覚は1942年7月30日に『ニューヨーク・ヘラルドトリビューン』紙での暴露記事である。しかしこの時点でプレスコット・ブッシュは上記のようなダーク・ビジネスで相当の蓄財があったことは確かだが、大統領職等とは無縁の一銀行家、一連邦上院議員に過ぎない。果たして一銀行家、一連邦上院議員にそこまでできるものだろうか?

ここで一つ思い出してもらいたいことがある、以前このブログで紹介したローゼンタールである。彼は極秘インタビューの中でこう語っている。

誰にも気づかれずに国家を乗っ取ることができたのはどうしてかと尋ねると、ローゼンタールは報道機関の絶対的支配が勝利の原因だと答えた。彼は全ての報道をユダヤ人が支配していることを自慢した。手を加えられたニュースの受け入れを断った新聞社は、どこも広告を引き上げられるため、彼らに従ってきた。これがうまくいかないと、ユダヤ人は紙とインクの供給を止めさせる。『それはいとも簡単なことだ』と彼は言った。

 政府の役人について尋ねた時、過去三十年間、誰もユダヤ人の承諾なしに政治権力を握った者はいない、とローゼンタールは言った。
『(フランクリンルーズベルトが我々の手先となった1932年以降、アメリカ国民は一度も大統領を選んだことがない。つまり、ルーズベルト以降、すべての大統領は我々の手先だった』

ローゼンタール文書について詳しく知りたい方はこちら

つまり、プレスコット・ブッシュが大手メディアを沈黙させることが出来たのは、巨額の資金で買収したのではなく、このユダヤルートを利用してメディアを沈黙させた疑いが濃厚なのである。
ここまで読まれた方は当然の疑問にぶち当たることだろう。何故ユダヤ人を迫害したナチスを影から支援していた、ブッシュ一族をユダヤ人が助けるのかと。その疑問を一言で氷解させる言葉がある、それはここに登場したヒトラー、ブッシュ一族が実は隠れユダヤ人だったということである。

ヒトラー隠れユダヤ人説については下記のリチャード・コシミズ氏の動画を視聴して頂きたい。またブッシュ一族の隠れユダヤ人説についても同じく下記のリチャード・コシミズ氏の動画を視聴して頂きたい。

ヒトラー隠れユダヤ人説についてリチャード・コシミズ氏の動画はこちら

ブッシュ一族の隠れユダヤ人説等はリチャード・コシミズ氏の動画に数々登場しますので、こちらのページから全ての動画を視聴することをお奨めいたします

皆さんどうだろうか。世界はこういうトンデモナイ茶番で成り立っているのである。これは食品偽装とかのレベルではない。まさに現代の世界そのものがマトリックスなのだ。我々が立ち向かわなくてはならないのは、ナチスの残党でも、テロでもない。本当の敵は一握りの偽ユダヤ人達で構成された国際金融グループなのだ。

この詳細は反ロスチャイルド同盟に紹介されているので、参照して欲しい。

反ロスチャイルド同盟、資料室はこちら

ジェラス・ゲイ江原元氏のサイトにも紹介されているのでこちらも参照しよう

ブッシュのホワイトハウス(上)ブッシュのホワイトハウス(上)
(2007/03/07)
ボブ・ウッドワード

商品詳細を見る

9・11事件は謀略か―「21世紀の真珠湾攻撃」とブッシュ政権9・11事件は謀略か―「21世紀の真珠湾攻撃」とブッシュ政権
(2007/08)
デヴィッド・レイ・グリフィン

商品詳細を見る


ランキングタグ▼を押すと真実の普及に貢献できます(^^♪

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ:なんて事だ?? - ジャンル:政治・経済

未分類 | コメント:2 |
<<障害者を全員、公務員として採用せよ! | HOME | クリスマスとお正月の合間に「もったいない精神」を思い出そう・・・>>

この記事のコメント

初めてコメントさせていただきます
この場合ナチスを支援していた富豪ユダヤ人は「シオニスト」と表現するべきだと思います
シオニズムとは簡単に言えば全てのユダヤ人は約束の地パレスチナへ今すぐ移住すべきであるという思想であり、大多数の正統派ユダヤ人はパレスチナ人迫害につながるこの思想に反対しています
ロスチャイルドなどはシオニズム富豪の代表格です
当初ナチスはユダヤ人を国内から「追放」するつもりでしたが、全ての周辺国が受け入れを拒否したため、ナチスとシオニストの利害が一致した結果として協力が行われたのです
そして受け入れられず行き場を失ったユダヤ人たちは、ドイツへ送り返されパレスチナへ移住する金と意思を持っている者以外は殺され始めるのです
当然「シオニスト」は殺害されたユダヤ人の中に入っておりません
シオニストはこういう台詞を残しています「彼らが流す血によってこそ私たちは土地を得ることができるのである」と
2007-12-28 Fri 06:29 | URL | WIZARD03 #5u6Z9rvo[ 編集]
管理人の推測からすればユダヤ人富豪は純粋なシオニストなどではなくシオニスト扇動者にすぎません。
特に金融や権力の中枢を担うユダヤ人富豪の中でイスラエルに居を構えて永住しているものがどれぐらいいるでしょうか?
彼らは彼の地が如何に危険であるかを熟知しているからこそ住まないのです。
彼らはシオニストというニンジンを利用し、同胞の貧しい一般的なユダヤ人達を使いイスラエルを建国させたのです。しかも目的はイスラエルの建国自体というよりも、貧しく無知な同胞を利用して中東に新たな戦乱や緊張を作り出すことです。
そうするこによって、イスラエル側、アラブ側において膨大な軍事資金が飛び交います。それによって利益を得るのは、富豪ユダヤ人たちです。貧しい者、権力を有しない者は同胞でもアラブ人でもお構いなしに利用して殺戮する、それが彼らの持つ方程式なのです。
方程式に当てはめて利益が出るなら同胞でも殺す。そこにはシオニズムなる幻想が入り込む余地は微塵もありません。何故ならそれは純粋なる計算式でしかないからです。
2007-12-28 Fri 15:44 | URL | テスラの卵(管理人) #.1USobyg[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。